“代表実績ゼロ男”鎌田大地の独1部移籍に驚きの声が上がった【鎌田大地 叩き上げの原点】

“代表実績ゼロ男”鎌田大地の独1部移籍に驚きの声が上がった【鎌田大地 叩き上げの原点】

2016年シーズンの川崎戦でプレーする鎌田(左) (C)Norio ROKUKAWA/office La Strada

【鎌田大地 叩き上げの原点】#9

 2015年に高卒ルーキーとして鳥栖入りし、1年目からリーグ戦21試合、3得点と華々しい活躍を見せた鎌田大地は「J1公式戦450分出場」という規定を夏にはクリアして「最低年俸460万円のプロA契約」に移行。年俸が上がったタイミングで両親の幹雄・貴子夫妻に気の利いたプレゼントを贈った。

  ◇  ◇  ◇

「当時は主人が尼崎、私と子供2人が愛媛に住んでいました。夏のある日、愛媛の家のチャイムが鳴り、ドアを開けると『鎌田貴子様』と書かれた宅配便が届きました。何だろうと思って中身を見ると、高級時計と直筆の手紙が入っていたんです」と母は驚きを口にする。

「小っちゃい頃から応援してくれてありがとう。厳しく叱ってくれたからこそ、今がある。本当にお母さんのおかげです」

 この手紙を読んで、貴子さんは涙があふれて仕方がなかったという。

「早速、お父さんに電話をすると『こっちにも届いたわ』と言うんです。ペアウオッチをわざわざ夫婦別々に配送してくれるなんて……。しかも、それぞれに手紙まで。大地の優しさに胸が熱くなりました」

 父・幹雄さんの方には「これからは週末の試合を楽しみにしててね」の一文が添えてあった。

「子供の頃から試合には足しげく通いましたが、高校生くらいになると思春期のせいか、『来んでええわ』とアッサリしたもんでした。『楽しみにしてて』なんて言われたのは初めて。本当にうれしかったですね」と笑顔をのぞかせる。

■リオ五輪代表落選ショック

 A契約移行直後には16年リオ五輪代表候補にも選ばれた。が、手倉森誠監督(現仙台監督)のお眼鏡にかなわず、同年のU-23アジア選手権には参戦できなかった。その悔しさを胸に秘め、鎌田はオフを利用して単身で渡欧し、スペインではバルセロナの試合も見た。

「海外に行けばサッカー選手としても人としても変わるとみんなに言われたし、人として大きくなりたいな、と。実際、向こうの試合を見て『サッカーをやりたい!』という気持ちにもなれた。五輪代表落選ショックも払拭できました」と本人は16年1月に語っていた。

 東山高時代は「自分はどこで愚痴を言ったらいいんや」と母にこぼしていた息子が、大きな挫折に直面しながら乗り越えられる大人になった。間近で見守っていた両親にとっては、頼もしく映ったに違いない。

「今年はA代表に上り詰めたい気持ちがすごく強い。そのためには得点ですね。2ケタは絶対に取るつもりです」

 16年シーズン開幕前に鎌田は力強く宣言。目の色を変えてサッカーに取り組んだ。残念ながら同年はJ1・7ゴールに終わり、リオ五輪本大会メンバー滑り込みも果たせず、A代表にも呼ばれなかった。が「海外でプレーする」という夢には着々と向かっていた。

 そして17年夏、独ブンデスリーガ1部のフランクフルト移籍が決定。Jの地方クラブに在籍する代表実績ゼロの選手が、いきなり欧州5大リーグのクラブと2年半で完全契約を勝ち取ったという事実に多くの日本サッカー関係者から驚きの声が上がった。

「近々、海外移籍するというのは息子から聞いていたので、『いよいよか』という感じでした。最終決定した時には電話があり、『決まったよ』と。こちらも『おめでとう。長谷部(誠)さんがいるクラブで心強いな』と声をかけました。壮行試合だった6月25日の浦和戦に(クラブから)招待していただき、鳥栖まで足を運びましたが、とにかくバタバタ(笑い)。大地は試合後、すぐに渡独したので我々と、入籍したばかりのお嫁さんで部屋の片付けや掃除をしました。海外への引っ越しは本当に手間がかかる。再認識する、いい機会でした」

 とはいえ息子が長年の夢をかなえ、新妻とともに異国に向かうということで、両親はホッとひと息つけたようである。=つづく

▽鎌田大地(かまだ・だいち) 1996年8月5日生まれ。愛媛県出身。キッズFC―G大阪ジュニアユース―東山高―鳥栖から2017年にフランクフルトに移籍。昨季トップ下で5得点、リーグ3位の12アシスト。19年3月のコロンビア戦で代表デビュー。同10月のモンゴル戦で代表初ゴール。身長184センチ・体重73キロ。

【父・鎌田幹雄】1969年4月生まれ。鳥取市出身。鳥取東高、大阪体育大卒。兵庫・尼崎在住のサラリーマン。
【母・貴子】1970年11月生まれ。大阪・岸和田市出身。砂川高から専門学校。兵庫・西宮で「ジャザサイズ」のインストラクター業をフランチャイズで運営。

(元川悦子/サッカージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)