大一番の豪州戦 中盤の田中、守田、遠藤による「逆三角形」が速攻と遅攻のメリハリを良くした(釜本邦茂)

大一番の豪州戦 中盤の田中、守田、遠藤による「逆三角形」が速攻と遅攻のメリハリを良くした(釜本邦茂)

田中はボールを前に持ち運べる選手だ(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

 カタールW杯最終予選4試合目のオーストラリア戦で、選手たちは「気持ちの入ったプレー」を見せてくれた。

 序盤1勝2敗と出遅れた森保ジャパンだが、この試合で森保監督は多彩な手を打った。

 2枚でやってきたボランチ(守備的MF)の人数を3枚に増やした。

 3戦目まではMF遠藤とMF柴崎のペアだったが、オーストラリア戦ではMF田中、MF守田を<逆三角形>の左右の角に配し、主軸MFの遠藤をDFラインの前に置いた。中盤でのボールのつながりがスムーズになったことで速攻、遅攻のメリハリも良くなった。

 田中は東京五輪でMF遠藤とダブルボランチを組み、随所に好連係を見せていた。彼の特筆すべき点は中盤でパスを出したり、受けたりしているうちにスルスルと攻め上がり、いつの間にか相手ゴール前に侵入しているところである。

 オーストラリア戦でもそうだった。左サイドからMF南野がドリブル突破。右サイドの田中はペナルティーエリア内に入り、ゴール右45度の地点でボールを受けると右足を振り抜き、左サイドネットにグラウンダーのボールを突き刺した。攻撃的センスにあふれ、実に見事なゴールだった。

 先発1トップはいつものFW大迫だったが、後半途中にFW古橋を投入して1トップに置いた。

 これまで左サイドアタッカーとして起用されることが多かったが、所属クラブでゴールを量産している古橋を相手ゴールに「より近い場所」でプレーさせた森保監督の適切な決断だったと思う。

 後半25分の失点シーンについて。相手にFKが与えられ、フィールドプレーヤー10人が壁になったが、左利きの選手が得意とする<壁に向かって左側の上>を狙われてゴールを奪われた。

 選手たちは否定するだろうが、一瞬のスキを突かれた。PKのジャッジがVAR判定でFKとなり、気が緩んだのではないか。

 これからも厳しい戦いが続く。90分間、張り詰めた緊張感でプレーしてもらいたいと思う。

(釜本邦茂/日本サッカー協会顧問 構成・日刊ゲンダイ)

関連記事(外部サイト)