欧州リーグ4強の“立役者” MF長谷部が示した森保Jへの課題

欧州リーグ4強の“立役者” MF長谷部が示した森保Jへの課題

長谷部誠(C)Norio ROKUKAWA/office LA Strada

元日本代表MF長谷部誠(35)所属の独1部フランクフルトの躍進ぶりが目覚ましい。

 欧州リーグでは準々決勝でポルトガルの強豪ベンフィカを倒し、5月2日の準決勝で英プレミアのチェルシーと対戦。欧州タイトル獲得も夢ではない。国内リーグも絶好調だ。バイエルン・ミュンヘンとドルトムントが優勝を争い、3位に金満クラブのライプチヒが付け、そしてフランクフルトが4位をキープ。来季の欧州CL出場圏内に踏みとどまっているのだ。

「リベロとして守備陣を統率し、さらに攻撃の起点にもなっているMF長谷部の存在が大きい」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏だ。

「17点で得点ランク2位タイのFWヨビッチ、14点で8位タイのFWハラーが攻撃陣の軸となっているが、彼らが攻撃に全力を傾けられるのも、長谷部を中心とした守備陣の安定感があればこそ。今季のフランクフルトの大健闘は、MF長谷部抜きに語れません」

 2008年からの独1部暮らしも12年目を迎え、欧州のトップレベルでレギュラーを張ってきた。日本代表でも06年2月の米国戦で日の丸デビュー。主将として10年南ア、14年ブラジル、18年ロシアW杯に連続出場を果たした。自他ともに認める「平成ナンバーワン日本代表キャプテン」なのである。

「フィジカルもテクニックも、決して<スーパーな選手>ではないが、監督の指示を忠実に守りながら素晴らしい戦術眼と献身的なプレーでチームメートからも信頼されている。現地の言葉を積極的に習得し、所属クラブの地元と馴染む努力も惜しまなかった。これから欧州を目指す若手Jリーガーたちの<道標>です」(前出の六川氏)

 平成を代表する代表主将は、ロシアW杯後に代表引退を表明した。長谷部に代わる選手は出てくるか? 森保ジャパンの大きな課題である。

関連記事(外部サイト)