大苦戦だったU-20W杯初戦 日本代表・影山監督が見せた大胆な打開策

大苦戦だったU-20W杯初戦 日本代表・影山監督が見せた大胆な打開策

背番号10のMF斉藤をねぎらう影山監督(C)Norio ROKUKAWA/office LA Strada

元川悦子【U-20W杯 ポーランド現地発コラム】

 17歳でA代表入りしたMF久保建英(FC東京)らを欠く中、U―20W杯(ポーランド)に挑んでいる日本代表。強豪揃いの死の組(B組)に入った日本のノルマは16強入り。だが、23日の初戦エクアドル戦は前半から一方的に攻め込まれ、1−1のドローに持ち込むのが精一杯だった。それでも「カゲさんがあんな怒鳴り声を上げたのは初めて」とDF瀬古歩夢(C大阪)が驚き半分に語ったように指揮官の凄まじい情熱が、勝ち点1をもたらしたのは事実だろう。

  ◇  ◇  ◇

 福島県いわき市生まれの影山雅永監督(52)は、井原正巳(柏コーチ、元日本代表DF)や中山雅史(J3沼津FW)と筑波大時代の同期。Jリーグ初期の千葉や浦和、仙台でプレーし、96年の引退後は筑波大大学院やケルン体育大学でコーチングを学んだ。筑波大時代には田嶋幸三・日本サッカー協会会長の研究室に在籍。98年フランスW杯で指揮を執った日本代表・岡田武史監督の参謀だった小野剛コーチ(現FC今治監督)らとともに偵察部隊の仕事を務めるなど日本サッカー界のメイン街道を歩みつつあった。

 2003年以降は広島やシンガポール、岡山などで10数年間に渡って現場指導に携わった。シンガポールでは現地の選手に流ちょうな英語で指示を送って<バイリンガルコーチ>として活躍。豊富な国際経験と緻密なサッカー理論を駆使し、久保や安部裕葵(鹿島MF)ら近未来を日本代表を背負って立つタレント集団をまとめ上げた。

 ところが、今大会直前になって2人のA代表昇格が決定。守備の要である橋岡大樹(浦和DF)と守護神の谷晃生(G大阪GK)までもケガで失った。2年がかりで構築したチームの「飛車角」に「金銀」不在の状況で16強入りに挑むのは、想定外だっただろう。

 迎えた23日の南米王者との初戦は、これまでFWの軸に据えてきた宮代大聖(川崎FW)を控えに回すことを決断。その宮代を後半頭から出すことで一気に流れを変え、敗色濃厚だった試合を1ー1に持ち込んだ。

 この大胆な選手起用は特筆に値する。

「エクアドルがいいチームだと選手に強調し過ぎてナーバスになった。ボールを握るサッカーを選んだつもりだが、前半の選手たちはいつもやっていたことを放棄してしまった」と影山監督は反省の弁を口にした。

 指揮官の打開策はロジックではなく、感情に訴えることだった。

■ロッカールームに怒号が飛び交った

「お前らがこれまで積み上げてきたものは、こんなもんなのか!」

 ロッカールームに怒号が飛び交い、若き日本戦士たちの目が覚めた。「カゲさんの檄が大きかった」と主将の斉藤未月(湘南MF)も試合後に話していたが、多彩な手法で闘争心を煽ったことが奏功したのは間違いない。奇しくもこの日は、彼の52回目の誕生日。

 勝ち点1が良いプレゼントになっただろう。

 日本の過去9回のU―20W杯のうち、グループリーグ敗退は2001年のアルゼンチン大会の1度だけ。最悪のシナリオだけは回避すべく、26日のメキシコ戦に勝って16強を決めて欲しい。

(元川悦子・サッカージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)