横綱の白鵬が右足親指を手術 術後の断食で10キロ減量して体調の良さをアピール

記事まとめ

  • 横綱の白鵬が秋場所を全休し、12日には右足親指の遊離軟骨除去手術を受けた
  • 術後には断食を行い、157キロあった体重を147キロまで減量したという
  • 白鵬は心と体を休めるため「パワーをもらって帰ってきたい」と母国モンゴルに帰国した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております