欧州組50人で代表強化は困難に…日本サッカー協会は多くの課題を抱えている

欧州組50人で代表強化は困難に…日本サッカー協会は多くの課題を抱えている

冨安も欧州3年目を迎える(C)共同通信社

【Jリーガー海外大量移籍の深層】#5

 欧州主要リーグでプレーする日本人選手が約50人もいる時代が到来し、難しくなったのが代表強化だ。6月の親善試合でも27人中18人が海外組で占められ、今後はさらに比率が上がるだろう。森保ジャパンは9月から2022年カタールW杯アジア2次予選に挑むが、5日のパラグアイ戦(茨城)から10日のミャンマー戦(ヤンゴン)と“三角移動”を強いられる選手も多くなる。選手の状態把握やアウェーでの調整を含めて策を練っていく必要がある。

 1998年フランスW杯初出場時は0人、2002年日韓大会は4人、06年ドイツ大会が6人、10年南アフリカ大会が4人。この頃までは日本代表における海外組は、あくまで少数派だった。Jリーグの中断期間などに国内合宿が組まれることもあり、代表強化はそこまで困難ではなかった。問題が深刻化したのは10年以降。欧州に出ていく選手が急増し、国際Aマッチウイーク以外は選手を招集できなくなったからだ。

 それでもザックジャパン時代は主力が固定されていたから、代表スタッフは本田圭佑や香川真司(サラゴサ)ら数人を定期的に視察するだけで済んだ。当時、若手だった清武弘嗣(C大阪)や酒井宏樹(マルセイユ)ら12年ロンドン世代も五輪が終わるまではJリーグでプレーしており、情報収集は容易だった。

 あれから7年が経過した今、東京五輪世代の主力である冨安健洋(ボローニャ)、堂安律(フローニンゲン)は欧州3年目を迎えている。彼らより年下の中村敬斗(トゥエンテ)や久保建英(レアル・マドリード)も海外組。A代表はおろか、五輪代表も満足いく強化ができない状況に、森保一監督は頭を悩ませているに違いない。

 この8月も、欧州駐在強化担当の藤田俊哉氏を筆頭に複数の代表スタッフが欧州全域にいるA代表、五輪代表候補選手を視察して回る予定という。欧州に協会の出張所を置いて本格稼働させる必要もありそうだ。

「藤田を中心に選手の状況把握に努めている」と関塚隆JFA技術委員長は語っていたが、各クラブと密に連携を取り、五輪本番を含めた招集について恒常的に議論できる関係を築くためにも、もはや片手間な対応では足りないだろう。

■移動で心身のダメージも大きく…

 強化試合のマッチメークも考え直すべきだ。この1年間は国内開催がメインだったが、欧州組が毎月のように帰国しなければならず、心身両面の負担は大きかった。

 現に堂安は19年1月のアジア杯(UAE)以降スランプに陥り、南野拓実(ザルツブルク)もクラブでの出場機会が減った。欧州と日本を頻繁に行き来するダメージは計り知れない。

 34歳まで代表で戦った前主将の長谷部誠(フランクフルト)が「僕は時差ボケに苦しんだり、眠れないこともほとんどなかった」とアッケラカンと語ったのは稀有な例。過去には、睡眠薬を使って時差調整する選手もいた。そういう負担をできる限り軽減し、代表でもクラブでも最大限の力を出してもらうために何をすべきなのか。選手の招集回数に制限を設け、年に何回かは欧州で合宿や試合を組むなどの配慮も必要になってくる。協会が何らかの方向性を示すべき時に来ているのは間違いない。「プレーヤーズファースト」の施策をお願いしたいものだ。 =おわり

(元川悦子/サッカージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)