米に零封負けの悔しさ なでしこMF阪口「十分警戒しても…」

米に零封負けの悔しさ なでしこMF阪口「十分警戒しても…」

奮闘したMF阪口(撮影=早草紀子)

 なでしこジャパンは日本時間4日、米国西海岸で開催された「トーナメント オブ ネーションズ」でアメリカに0―3で完敗。未勝利(1分け2敗)で大会を終えた。「(ボールの)奪われ方が悪い……っていつも言ってますね」。苦笑しながら、珍しく悔しさを隠そうとしなかったのはベレーザMF阪口夢穂だ。

 2戦目までベンチから戦況を見守った背番号10はフワリとしたディフェンス裏へのパス、鋭いグラウンダーのパス、ダイレクトパス、ワンタッチパス……と攻撃のリズムに変化をつけながら、あの手この手で前線への配球を試みたが、ピンチは必ず、その攻撃が乗り始めた頃、自分たちのミスに乗じてやってくる。

「アメリカのストロングポイントは分かっていますが、十分に警戒してもやられる……。つらいですね」(阪口)。残念ながら、これがなでしこジャパンの現在地である。

 それでも前の2試合と確実に異なっていたものがあった。タテへの意識だ。阪口は緩急を使い分けながら積極的にタテパスを繰り出し、FW陣の動きは活性化した。

 結局「最後」は崩し切れなかったが、シュート11本の中でベレーザFW田中美南、伊賀MF櫨まどかの各2本は、確かにゴールのにおいがした。 サイドバックによるサイド攻撃も、見られなかったコンビネーションを引き出した。だからこそ生まれなかったゴールへの悔しさが募る。 

 ゼロからチームを生み出していく作業は簡単ではない。しかし最終ライン、中盤の組み立て、バイタルでの駆け引きなど少しずつ出来ることは増えている。「最後」をどう決め切るか。ここを超えていく力を彼女たちは持っているはずだ。

(フォトジャーナリスト・早草紀子)

関連記事(外部サイト)