日本代表の隠し玉に ダブル小林とドリブラー斎藤が面白い

日本代表の隠し玉に ダブル小林とドリブラー斎藤が面白い

精神的にタフなところも小林祐希のストロングポイントだ(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

 ロシアW杯アジア最終予選も残り2試合。「勝てばW杯出場!」のオーストラリア戦が31日に埼玉スタジアムで行われ、9月6日にはサウジアラビアとのアウェー戦が控えている。

 日本サッカー協会は24日午後3時、W杯予選2試合の日本代表メンバーを発表するが、指揮官ハリルホジッチは隠し玉を持っているのか? アッと驚く奇策はあるのか?

「ダブル小林とドリブラー斎藤の起用が効果的だと思います」とサッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏がこう続ける。

「ハリルホジッチ監督はこれまでドイツ・アウクスブルクのFW宇佐美貴史(25)を天才と評してきたが、ドイツで結果を残せない日々を送っており、19日の今季ドイツ1部開幕戦もベンチ外だった。さすがに今回は招集を見送るでしょう。宇佐美の代役として川崎FWの小林悠(29)、オランダ・ヘーレンフェーンのMF小林祐希(25)をサイドアタッカーとして起用すれば面白い存在になる。横浜MのFW斎藤学(27)は、切れ味鋭いドリブルで一気にシュート体勢に持ち込み、しかもスピードが落ちないので相手DFにとって大きな脅威となります。3人とも代表歴が少なく、オーストラリアの選手は戸惑うでしょう」(六川氏)

 ボランチには、3月からケガで戦線離脱していた主将MF長谷部誠(33)が復活、昨年11月のW杯最終予選サウジアラビア戦(埼スタ)以来のスタメン復帰が予想される。試合勘の面で不安も残るが、先発フル出場した20日のドイツ1部開幕戦では、不慣れな3DFの中央でプレーしながらミスもなく、総合力の高さを改めてアピール。ハリルホジッチ監督も胸をなで下ろしただろう。

「メキシコ・パチューカのFW本田圭佑(31)を最前線に配する《ゼロ・トップ》という戦術もあり得る」とは前出の六川氏。

「明確な1トップを置くのではなく、フィジカルが強くてキープ力のある本田を相手ゴール前に置き、英プレミア開幕2戦連続ゴールと絶好調のFW岡崎慎司(31)を右サイドから、ドイツ・ヘルタFW原口元気(26)を左サイドから積極果敢に攻めさせ、トップ下のドイツ・ドルトムントMF香川真司(28)を加えた4人が、有機的に動きながらゴールを狙う戦術も効果的だと思います」

関連記事(外部サイト)