本田のデビュー戦ゴールが日本代表にマイナス作用の根拠

【W杯最終予選】ハリルホジッチ監督に解任報道 本田圭佑デビュー戦ゴールで起用か

記事まとめ

  • ハリルホジッチ監督にW杯最終予選オーストラリア戦引き分け以下で解任も、との報道
  • 監督の愛弟子・メキシコ1部パチューカ所属のFW本田圭佑が新天地デビューでゴール
  • 本田をオーストラリア戦の先発に起用する可能性があるが「リスキーな選択」との指摘も

本田のデビュー戦ゴールが日本代表にマイナス作用の根拠

本田のデビュー戦ゴールが日本代表にマイナス作用の根拠

本田は「いい結果」と自画自賛したが…/(C)共同通信社

 日本代表のハリルホジッチ監督は、一部解任報道に不機嫌になってみたり、愛弟子のゴールに拍手喝采を送ったり、アップダウンの激しい一日を過ごしたことだろう。 

 23日早朝。一部スポーツ紙・電子版が「31日の(W杯最終予選)オーストラリア戦引き分け以下で解任も」「(9月5日の)サウジアラビア戦は監督代行で乗り切ることも視野に」と報じた。

 日本メディアの記事をスタッフから聞いて「ほぼ把握している」(マスコミ関係者)ハリルホジッチが、解任報道にヘソを曲げたのは想像に難くない。

 ところが約5時間後、朗報が飛び込んできた。メキシコ1部パチューカ所属のFW本田圭佑(31)が、新天地デビューとなったベラクルス戦(23日午前9時開始)の後半途中、15メートルの強烈ミドルを決めたのである。

■オーストラリア戦で本田先発も

「メキシコに移籍した本田は、体調不良でリーグ開幕5試合をベンチ外で過ごし、24日に発表されるW杯最終予選メンバーに入れるか危ぶむ声もあった。しかし、前所属ミランで戦力外状態の時期も『彼には経験がある』と特別扱いしてきたハリルにしてみたら、この日のゴールに我が意を得た! とオーストラリア戦の先発に起用する可能性は十分にある」(サッカーライター)

 本田は、昨年11月15日のW杯最終予選サウジアラビア戦で右FWの定位置をヘントFW久保裕也(23)に奪われ、それからサブに甘んじていた。しかし、久保は今季ベルギー1部で開幕4戦連続ノーゴールと昨季の17試合で11得点の勢いは感じられない。これが「オーストラリア戦の本田先発」を後押しする。

「勝てばW杯出場の大一番なのでハリルホジッチ監督が、経験を重視して本田を先発起用することは考えられます。しかし……」と元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏が続ける。

「オーストラリアは、昨年までと戦い方を変えてきた。3DFをベースに前線からハイプレスを掛け、ボールをつなぎながらアグレッシブに攻撃してくる。どうしても日本は守勢に回り、本田が先発した場合、右サイドで不得意な守備に追われ、マイボールになってカウンター攻撃を仕掛けようにも、スピードのない本田では“受け手”になるのも難しい。4年前のブラジルW杯予選の頃よりもキレ、スピードともに明らかに落ちている本田を先発で使うのは、非常にリスキーな選択と言うしかないでしょう」

 本田のメキシコデビュー戦ゴールは、日本代表にとってマイナスに作用する可能性が大だ。

関連記事(外部サイト)