MF長谷部は欠場の可能性 豪州戦ボランチ“プランB”は誰だ?

MF長谷部は欠場の可能性 豪州戦ボランチ“プランB”は誰だ?

長谷部はサウジアラビア戦に照準を合わせているというが…(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

 ロシアW杯最終予選のオーストラリア戦(31日=埼玉スタジアム)、サウジアラビア戦(9月5日=ジッダ)を控えた日本代表のハリルホジッチ監督にとって「代えのきかない選手」のひとりが、主将を務めるMF長谷部誠(33=フランクフルト)だ。

 3月に右膝を痛めて手術。リハビリ後、8月12日のドイツ杯で5カ月ぶりの復帰を果たすと20日の今季リーグ開幕戦、第2節と公式戦3戦連続フル出場で復活をアピールし、合宿初日の27日に帰国してすぐにチームに合流。指揮官を喜ばせた。

「もっとも合宿初日、2日目とランニングや全体練習から離れ、トレーナーとマンツーマンで体を動かしたり、股関節を気にするそぶりをみせたり、一部ではコンディション不良が囁かれている」(マスコミ関係者)

 合宿3日目の29日の長谷部は左ヒザにテーピングを施していたが、公開された冒頭15分の間はランニングなど、通常メニューを淡々とこなした。

「ハリルは、長いブランクの後の3戦連続フル出場について『ハセベは頑張り過ぎではないか?』と考えており、合宿ではあえてムリをさせないようにしているフシもあります。いずれにしても長谷部がオーストラリア戦でプレーできない場合のプランも当然、指揮官は用意しています」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。

■183センチの豪州リーグ経験者

「ボランチのベストチョイスは、長谷部と山口蛍(26=C大阪)とのコンビですが、長谷部不在の穴を埋めるのにFC東京MF高萩洋次郎(31)の存在がクローズアップされる。身長183センチの大型MFの高萩は15年にオーストラリア1部リーグでプレー。現オーストラリア代表に元チームメートもおり、彼らと対戦した経験値は大きなストロングポイントです。今合宿で『彼らはフィジカルが強く、球際の厳しさもある。しかし足元の技術やターンに付いてこれない選手も多い』とオーストラリア戦を心待ちにしているコメントを発しており、指揮官は頼もしく感じているでしょう」

 長谷部に加えてドルトムントで控えのMF香川真司(28)がサブに回った場合、先発布陣は「1トップにケルンFW大迫勇也(27)。トップ下にはへーレンフェーンのMF小林祐希(25)が抜擢され、右からパチューカFW本田圭佑(31)、左からヘルタFW原口元気(26)が攻め込み、ボランチは山口と高萩がペアを組む」。これが六川氏の見立てである――。

関連記事(外部サイト)