6回連続W杯でも燻る「ハリル更迭&アギーレ再招聘」情報

【W杯アジア最終予選】日本の6回連続W杯出場決定も「ハリル更迭&アギーレ再招聘」案

記事まとめ

  • ロシアW杯アジア最終予選で、浅野拓磨と井手口陽介が得点しオーストラリア代表に完勝
  • 6大会連続W杯出場を決めたが、ハリルホジッチ監督の手腕について疑問の声も出ている
  • ハリル監督が更迭された場合、MF遠藤保仁が高評価していたアギーレ前監督の再招聘案も

6回連続W杯でも燻る「ハリル更迭&アギーレ再招聘」情報

6回連続W杯でも燻る「ハリル更迭&アギーレ再招聘」情報

ハリルは大ハシャギだが…(C)日刊ゲンダイ

 埼スタで行われた2018年ロシアW杯アジア最終予選(8月31日)でオーストラリア代表と対戦した日本代表は、代表12試合目の22歳FW浅野拓磨(シュツットガルト)が前半41分に先制点を決めると、後半37分には代表3試合目の21歳MF井手口陽介(G大阪)が強烈ミドルでダメ押し点。2―0の完勝だ。

 これで日本は、W杯最終予選の最終試合サウジアラビア戦(5日)を残して「最終予選B組の首位」が確定。98年フランス大会から積み上げてきた6大会連続W杯出場を決めた。

 指揮を執ったハリルホジッチ監督は、試合後の会見場に意気揚々と姿を現すと思われた。ところが「サッカーとは無関係の個人的問題で(オーストラリアとの)試合前に日本を離れる可能性もあった」と話すと、質疑応答すら受けずに会見場から姿を消した。

■「中堅国にはミスマッチ」

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「こういう(見事な)勝ち方で決めたのだからロシア(W杯)までぜひやって欲しい」という公式コメントを残したが、そんなハリルホジッチ監督の手腕について元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう言う。

「オーストラリア戦は抜擢した浅野、井手口が活躍しましたが、あくまで結果論であって、ハリルホジッチ監督は『いろいろなものを積み上げていって日本サッカーを底上げしていく』という作業が出来ない指導者です。これまで代表実績のない選手を試合で唐突に使ってみたり、およそ試合に出るチャンスのない選手を代表合宿に呼んでみたり、選手選考に一貫性がない。オーストラリア戦、サウジ戦の代表メンバーに不満を覚え、この日のスタメンに納得いかない選手は相当数いると思われます。試合ごとに選手を入れ替えるタイプのハリルホジッチ監督は、個人能力の高い選手の多い強豪国にはフィットするでしょうが、中堅国に過ぎない日本にはミスマッチ。最終予選を突破してくれたから本大会まで指揮を執っていただこう――ではなく、本大会出場を決めた今だからこそ、ハリルホジッチ監督に任せていいのか? というシビアな目で検証する必要があるでしょう」

 そんな評価を裏付けるように、サッカー関係者が「ハリルはサウジ戦が終わった段階で更迭。W杯本大会に向けて『勝てる指揮官を連れてくる』という情報がサッカー界で燻っている」と前置きし、「ハリル更迭なら、後任の有力候補はハリルの前に日本代表を率いながら15年2月、スペインでのクラブ監督時期の八百長疑惑で詰め腹を切らされたメキシコ人指導者のアギーレ(58)です」と、こう続ける。

「アギーレ招聘の責任者だった原博実JFA専務理事(現Jリーグ副チェアマン)、実動部隊の霜田正浩JFA技術委員長(現ベルギー1部シントトロイデン・コーチ)は『とにかくもの凄く勉強熱心。選手起用に説得力があり、選手交代も機敏で的確です。守備の意識も高く、展開に応じた布陣変更もスムーズ。日本社会に馴染もうと努力し、日本人をリスペクトしてくれた。人柄も普段の言動も問題ない』と高く評価していた」

 アギーレは日本代表監督就任が決まると代表の試合を10試合以上、Jリーグの試合を30試合以上、DVDでじっくりとチェック。その上で「インテグラル(適応型)トレーニング」を持ち込んだ。

 これは「スペインのフットサルをベースにした実戦形式のトレーニング方法でテクニック、フィジカル、メンタルを鍛えながら認知力、周囲力などを養っていく」というもの。これ以外にも目新しい練習方法を積極的に取り入れ、多くの主軸選手が「練習でも試合でもメリハリがあり、選手はキビキビとプレーしている」とべた褒め。多くのクラブ、代表監督の下でプレーし、理論派で知られるG大阪のMF遠藤保仁(37)にいたっては「今までで一番良い監督じゃないかな」とコメント。周囲も「遠藤さんの言うことに間違いはない」と納得顔だった。

■「呼ばれるのを心待ちにしている」

 これまで本大会の前に代表監督の首がすげ替わった例は少なくない。

 前回14年ブラジル大会では、オーストラリア代表のオジェック監督が解任され、元代表DFのポステコグルーがブラジルで采配を振った。お隣の韓国も最終予選突破後、元Jリーガーの洪明甫が代表監督としてブラジルに乗り込んだ。

 中でもアフリカ諸国は本大会前の監督交代が目に付く。

 10年南ア大会前にはナイジェリア、コートジボワールで監督が代わり、02年日韓W杯の前にはナイジェリアで監督交代があった。その日韓W杯で日本代表監督を務めたトルシエは、98年フランス大会前に南ア代表監督に就任。フランスで采配を振った。

 アギーレは15年6月にUAE1部アル・ワフダの監督に就任したが、1年後に契約満了、現在、フリーの立場にある。八百長疑惑で逮捕者は一人もおらず、アギーレ自身も日本メディアの取材に「一度だけ出廷して10分ほど背筋を伸ばして立っていただけ。もうスペインでは話題にもなっていない。また日本で自分の名前が呼ばれる日が来るのを心待ちにしている」と日本代表監督復帰に色気を隠さない。

 サウジ戦が終わった直後に「アギーレ復帰」の電撃発表があるかもしれない。

関連記事(外部サイト)