高まる不要論 それでもハリルが本田を切り捨てないワケ

【W杯アジア最終予選】ハリルホジッチ監督は本田圭佑を信頼し、サウジ戦で起用か

記事まとめ

  • W杯アジア最終予選の豪州戦で、MF井手口とFW浅野がゴールを決め世代交代を印象付けた
  • しかし、ハリルホジッチ監督は本田圭佑、香川真司、長友佑都らを信頼しているという
  • 本田圭佑は調子が上向いているとアピールしており、サウジ戦での起用もありうるらしい

高まる不要論 それでもハリルが本田を切り捨てないワケ

高まる不要論 それでもハリルが本田を切り捨てないワケ

監督の話に耳を傾ける本田(C)Norio ROKUKAWA/0ffice La Strada

 ロシアW杯アジア最終予選最終節のサウジアラビア戦(日本時間6日午前2時30分キックオフ)に向け、試合会場のジッダに入ったハリルホジッチ日本代表は現地2日目(日本時間4日午前0時45分から)、1時間半のトレーニングを行った。

 W杯出場を決めた豪州戦(8月31日)は、先発したMF井手口(21=G大阪)、FW浅野(22=シュツットガルト)がゴールを決めた一方、二枚看板のFW本田(31=パチューカ)とMF香川(28=ドルトムント)が90分間、ベンチを温めていたことで世代交代を強烈に印象付けた。特に31歳の本田は年齢的な衰えに加えて、戦力外となったセリエAの名門ミランからメキシコに移籍した都落ち感も重なり、今度のサウジ戦が「日本代表としての最後のキャリアになるのでは?」という声も聞こえてくる。

 しかし、元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏は、「ハリルホジッチ監督には《必要不可欠な6人衆》がおり、その中のひとりである本田は間違いなくロシアW杯メンバーに入るとみています」とこう続ける。

「本田、香川、そしてインテルDF長友、レスターFW岡崎、メスGK川島、サウサンプトンDF吉田、フランクフルトMF長谷部は、たとえ所属クラブで出番を失ったとしても、指揮官は必ずロシアに連れていくと決めています。オーストラリア戦の前の記者会見でハリルホジッチ監督が、コンディションが万全ではない本田、香川を選出するにあたって【存在していること自体が重要】と評しましたが、その言葉通りに高く評価しているのです。本田についてはオランダ、ロシア、イタリアでの海外経験値の高さもさることながら、長く日本代表の主軸としてプレーしたことで培ってきた【ここ一番で日本代表を救ってくれる選手】という厚い信頼感です。ハリルホジッチ監督の本田に対する思いは、就任当初から全く揺らいでいません」(六川氏)

 30歳オーバーの川島、長谷部、本田、岡崎に20歳代後半の吉田と香川がベテラン組を形成。これに浅野や井手口といった若手をうまく融合させることでチーム内の競争意識を活性化させ、全体の底上げを図りながらロシアに乗り込んでいく――というのが、ハリルホジッチ監督の描いている青写真である。

 この日の本田は練習メニューを順調に消化。コンディションが上向いていることをアピール。サウジ戦では出番が回ってきそうだ。

関連記事(外部サイト)