豪戦シュートで時の人 MF井手口“合宿脱走”のヤンチャ伝説

豪戦シュートで時の人 MF井手口“合宿脱走”のヤンチャ伝説

試合前日の練習前に「ハートマーク」をつくっておどけるMF井手口(C)Norio ROKUKAWA/office La Strada

 2018年ロシアW杯出場を決めたアジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)でMVP級の活躍を見せたG大阪MF井手口陽介。

 代表3試合目で大一番のスタメンに抜擢された身長171センチの21歳MFが、大柄なオーストラリア選手を相手に持ち味の「ボール奪取力」を見せつけ、終盤にはダメ押しとなる2点目をミドルで豪快に決めた。

 日本代表の世代交代の象徴的存在として知名度急上昇中。そんな井手口には、ピッチ上よりもアグレッシブな「若き日のヤンチャ坊主」のエピソードがゴマンとある。

 まずは「年代別日本代表造反事件」だ。

 G大阪ユース時代から年代別日本代表に選出され、高校2年の13年にはG大阪のトップチームに選手登録。この年の10月に開催されたU―17(17歳以下)W杯メンバーの主力として期待された。

「U―15、U―17日本代表を指揮していた吉武監督とソリがいまひとつ合わなかった。ある合宿でプレーに納得いかなかった井手口がペットボトルを蹴り上げ、これを吉武監督が厳しく戒めた。頭ごなしに説教された井手口は苛立ちを抑えることができず、宿泊先のホテルのフロントに練習着を預け、勝手に合宿から離脱した。当然だが、それから二度とU―17代表には招集されることはなかった」(放送関係者)

 出身地の福岡の地元クラブ育ち。中学に進学する際、G大阪のジュニアユースに入団し、中2でチームの主力に定着したが、中3になると「遊び仲間とツルんでヤンチャなことをするようになった」と地元サッカー関係者がこう続ける。

「練習をサボったり、住んでいたG大阪の寮の門限を破ったり、何度も謹慎処分を受けた。通っていた高校では遅刻の常習者。授業をサボることもしばしば。完全にヤンキー予備軍だった」

 高2で改心。サッカーに集中するようになってからはトントン拍子。W杯アジア最終予選サウジアラビア戦(日本時間6日午前2時30分キックオフ)でブレークしたら、一気にロシアW杯の主軸選手となる可能性もある――。

関連記事(外部サイト)