生き残りに血眼も…本田&岡崎はサウジ戦で見せ場作れず

生き残りに血眼も…本田&岡崎はサウジ戦で見せ場作れず

岡崎のシュートの場面で相手に激突する本田(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada

 敵地でのサウジアラビア戦はFW本田圭佑、FW岡崎慎司の「31歳組」にとって「まだまだ若いモンなんかには負けへんで!」と存在感を見せつけるための試験だった。

 オーストラリア戦でW杯出場を決めたハリルホジッチ日本代表。攻撃陣はワントップに27歳FW大迫勇也が、右に22歳FW浅野拓磨が、左には29歳FW乾貴士が入り、浅野と21歳MF井手口陽介がゴールゲット。世代交代が進んでいることを印象付けた。

 この日のサウジ戦では岡崎が最前線に張り、右に本田が、左には26歳FW原口元気が入った。注目は“一気に影が薄くなった”本田と岡崎が、どれだけ指揮官にアピールするか? だ。

 結論から言うと「落第生」でしかなかった。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「本田は、ボールを受けてタメを作るなど“らしい”プレーを見せていましたが、効果的な攻撃のシーンを生み出すことはできず、ハリルにアピールするには至りませんでした。岡崎にしてもゴール前に積極果敢に飛び込んだり、何とか持ち味を出そうと奮闘しましたが、やはりアピール不足に終わりました。昨年11月のホームでのサウジ戦で本田、岡崎、香川が先発から外れ、それから代表チーム内での立ち位置が変化。若手や中堅の突き上げを食らうようになりました。W杯出場が決まった後のサウジ戦で本田、岡崎は健在ぶりを強調するチャンスを得ましたが、目立った成果は挙げられませんでした」

 本田に至っては、フリーでプレーしながらトラップミス、パスミスを犯す場面が目立ち、前半43分には不用意なパスをカットされてシュートにまで持ち込まれるシーンもあった。指揮官が、前半限りで交代させるのも当然の出来栄えだった。

 サウジ戦の前に「新たにパワーアップした自分を見せたい」と威勢の良いことを言っていた本田だが、ハリルホジッチ監督に「試合勘が欠けていた」とダメ出しされた。

 これから巻き返すのは至難のワザである――。


関連記事(外部サイト)