U-22代表選出のMF久保建英 晴れて「広告塔」の効果と懸念

U-22代表選出のMF久保建英 晴れて「広告塔」の効果と懸念

メイン広告塔の久保は「このユニホームを着て応援に来て」とコメント/(C)JFA

6日、2022年カタールW杯アジア2次予選のキルギス戦を戦う日本代表23選手が発表された。日本代表歴代最年少ゴール更新が期待されていたMF久保建英(18=マジョルカ)は、17日に広島で行われる日本とコロンビアのU―22代表戦に招集され、東京五輪組としての活動に専念するのでリストから外れた。

 W杯予選とはいえ、キルギスの世界ランクは94位。日本の28位と比べると明らかに格下である。

「関心度は低く、今回招集された選手のひとりが所属クラブのスタッフに『ところでキルギスって……どこにあるの?』と聞いたほど。注目度の低さに、サッカー協会やスポンサー企業の関係者たちが肩を落としている」とは某サッカー関係者だ。

 さらに〈キルギス戦の関心度低下〉に拍車を掛けることが6日にあった。日本代表の公式サプライヤーであるアディダス社が、今月の代表戦から着用する「サッカー日本代表2020ユニホーム」のお披露目会見。五輪代表のエース久保が〈メインの広告塔〉として活動することになり、いよいよサッカー日本代表=〈五輪代表〉という図式が強調される格好なのだ。前出のサッカー関係者がこう続ける。

「アディダス社の〈顔〉としてCMに使われる選手は、全員が同社製スパイクの着用者というのが不文律となっている。これまでアディダス社のメイン広告塔はMF中村俊輔(横浜FC)、MF香川真司(サラゴサ)が務めてきたが、今回の新ユニホームの発表を契機に久保が“堂々と主役を張る”ことになり、ますます世間の関心が五輪代表に傾いていく」 

 ちなみに――。新ユニホームは「日本晴れ」をコンセプトに「浮世絵から着想を得たグラフィック」とアディダス社は説明するが、一部に「迷彩の戦闘服にしか見えない。旭日旗と絡めて周辺各国からバッシングを浴びる懸念もあり、五輪代表のエース久保が批判の矢面に立たされる可能性もある」という声も出ている。ともあれソレもコレも五輪代表への関心を高めることになり、日本代表不人気の背中をグイッと押していく……。

関連記事(外部サイト)