堂安見せ場なしでPSV完敗 五輪代表でもベンチ要員の危機

堂安見せ場なしでPSV完敗 五輪代表でもベンチ要員の危機

堂安はベンチ送りに(C)ロイター

オランダの名門PSV所属の日本代表MF堂安律(21)が、日本時間8日に行われた欧州リーグ(EL)の敵地LASKリンツ(オーストリア)戦に先発(午前3時キックオフ)。見せ場なしに終わり、チームも1―4の完敗を喫した。

 前半5分、PSVが先制するが、その後は終始リンツがペースを掌握。

 後半11分にリンツが同点に追いつき、その4分後だった。堂安が相手エリア右サイドでファウルを受けて転倒。FKで試合が再開された。堂安は17歳FWイハッタレンとのパス交換で攻撃を組み立てようとするが、相手選手のプレスに引っ掛かってボールを簡単にロストしてしまい、そのままカウンターを食らう。

 相手シュートを一度はPSVのGKが左手一本でセーブするも、そのコボレ球を相手FWフリーザーに押し込まれ、PSVは逆転されてしまう。その直後、堂安はベンチに強制送還。相手逆転弾の発端となった軽率プレーに対するペナルティーもあっただろうし、そもそも攻撃系の選手としてチームに貢献できない堂安のベンチ送りは、むしろ遅いくらいだった。

「森保ジャパンになってA代表18試合に出場している堂安だが、試合を重ねるごとにパフォーマンスが低下している。5日に東京五輪世代となるU―22日本代表メンバーが発表され、堂安が森保体制となって初めてアンダー世代の代表に選出。主軸のひとりとして東京五輪でのメダル獲得を期待されているわけだが、主戦場とする右サイドMFには森保五輪代表で常に背番号10のベルギー・アントワープMF三好康児(22)が不動のレギュラーとして存在感を示しており、堂安はベンチからのスタートを強いられる」(サッカー関係者)

 A代表でもPSVでもパッとしない堂安。今が踏ん張りどころ――。

関連記事(外部サイト)