ビーチW杯日本はA組全勝1位で決勝T進出 小牧がついに覚醒のゴラッソ!

ビーチW杯日本はA組全勝1位で決勝T進出 小牧がついに覚醒のゴラッソ!

小牧のゴールシーン(C)Norio Rokukawa/Office la Strada

南米パラグアイで開催中のビーチサッカーワールドカップ。参戦中の日本代表は25日(現地時間)、一次リーグA組最終戦でスイス代表と対戦して5ー3で逃げ切った。3戦全勝でA組の1位となった日本代表は、28日の準々決勝でB組2位のウルグアイと対戦することになった。

 ラモス瑠偉監督率いる日本代表は、実力派選手ぞろいのスイスを相手に堂々の戦いを展開した。

 まずは第1ピリオドの2分、8分にFP赤熊が連続ゴールを決めた。

 第2ピリオドの4分には、FP大場の技ありゴールが決まった。左サイドからのボールを相手ゴール前で待ち構えて左足で絶妙トラップ。飛び出したGKのポジションを冷静に把握しながら、右足の足首をひねりながらゴール右に流し込んだ。

 その18秒後。大黒柱のFP茂怜羅オズが、強烈な右足ゴールをゴールに叩き込み、日本が4-1とリードを広げた。

 第3ピリオドの29分には「第1、第2戦と自分のプレーのリズムが作れなかった」と自己分析したFP小牧の素晴らしいゴールが決まった。

 左サイドのFP田畑からパスを受け、ボールの落ち際を右足でジャストミート。「バチン!」という音という音が聞こえたと思ったら、ボールがスイスのゴールネットに突き刺さっていた。場内アナウンサーが、興奮しながら「ゴラッソ!(素晴らしいゴールの意)」と絶叫するほどだった。

 試合終盤に2失点した日本だが、5-3で逃げ切りに成功。グループステージA組を3戦全勝で切り抜け、同組1位で決勝トーナメントに進出した。現地時間28日午後9時キックオフの準々決勝ウルグアイ戦に臨む。

■小牧「決勝Tでは自分のリズムでプレー」

 試合後のラモス監督が今大会初ゴールのFP小牧についてこう言った。「これまで自分自身に納得いかない部分もあっただろう。でも今日のゴールで気分的にも吹っ切れただろうし、今後の試合でも期待している」

 取材エリアに出てきたFP小牧は時折、笑みを浮かべてコメントした。「目の前には相手のGKだけ。選択肢はシュートしかなかった。ゴールを決められて本当に嬉しかった。ラモス監督にはずっと日本代表に選んでもらいながら、迷惑ばかりかけてきました。今日のゴールで2戦目までのモヤモヤとした気持ちが吹っ切れた気がする。ラモス監督の期待を応えられるように決勝トーナメントでは、自分のリズムでプレーしていきたい」

 小牧は静岡・東海大付属静岡翔洋高サッカー部で出身。20歳の時のケガで選手生活を断念し、バーテンダー生活を送っていた。知り合いの紹介でビーチサッカーを始めるようになり、全国大会に出場して強豪の東京レキオスBSとの試合でラモス現代表監督の目に留まり、2010年に日本代表入りを果たした。

 現在は2017年に自ら立ち上げたチームであるヴィアティン三重BSで主軸を務めている。

 主に右サイドを主戦場としている。味方GKからのスローイングを胸でトラップし、そのままオーバーヘッドでシュートしたり、豊富な運動量で攻守にアグレッシブに動き回ったり、プレーでチームを鼓舞することのできる選手である。決勝トーナメント以降は、今まで以上に気の抜けない局面の連続となる。FP小牧の奮闘に期待したい。

(取材・文=絹見誠司/日刊ゲンダイ)

関連記事(外部サイト)