19年のプロ生活に終止符…闘莉王にとって最も思い出深い出来事は?

19年のプロ生活に終止符…闘莉王にとって最も思い出深い出来事は?

中澤佑二(左)と楢崎正剛(右)が労いに(写真)元川悦子

「今はホントにキレイなサッカーばっかり。そういうことを求められる中でも泥臭く、多少技術がなくても一生懸命にやる気持ちを選手たちにはなくしてほしくない」

 19年のプロ生活を過ごし、2010年南アフリカW杯16強戦士の1人であるDF田中マルクス闘莉王(38歳・京都)が1日、現役引退会見に臨んだ。GK楢崎正剛(名古屋スペシャルフェロー)、DF中澤佑二(解説者)の両盟友に見送られる中、彼は厳しい口調で後輩たちへのメッセージを残した。

 日系ブラジル三世の闘莉王が初来日したのは98年。千葉・渋谷幕張高にサッカー留学し、才能を認められて01年に広島入りした。そして水戸時代の03年に日本国籍を取得。当時は「君が代の歌が難しい」と苦笑いしていたが、すぐさま04年アテネ五輪代表の主力に君臨。本大会出場に貢献した。

 同年に移籍した浦和では06年Jリーグ制覇、2007年ACL優勝のけん引役に。09年に赴いた名古屋でも「優勝請負人」として10年のJ初制覇の原動力となった。

 この年に出場した南アW杯では中澤氏と代表史上最強CBコンビを結成。「8強に一番近づいたのは10年のチーム」と本人も堂々と胸を張った。

 それから9年が経ち、J2京都で現役を終えることになったが、彼の闘争心は38歳になる現在まで凄まじいものがある。

 時には仲間やサポーターと怒鳴り合いになっても妥協せず、貪欲に勝利を追い求めた。楢崎氏も「日本サッカーのために力を尽くし、名前の文字通り、闘ってくれた。彼以上に存在感を示した選手はいない」と最大級の賛辞を贈ったほどだ。

■「気持ちを伝えられる選手は消えてほしくない」

 そんな彼にとって、プロキャリアで最も思い出深い出来事は、やはり南アW杯パラグアイ戦のPK戦だという。

「(3番手の)駒ちゃん(駒野友一=FC今治)が外したけど、実は自分が5番目だった。それまで何度もPKを外していたのに、岡田(武史=FC今治代表)監督が『お前、蹴れ』と言ってきた。ボーっとしていた僕は『はい』と答えてしまったけど、結末を見られずに終わった。『外すんだったら自分でもよかったんじゃないか』と考えてあの晩は寝ずに過ごしたし、あんなに『蹴りたい』と強く思ったことは今までなかったですね」と本人は述懐する。
 
8強入りのかかった場面で最終キッカーに指名されたのは、指揮官が強靭な精神力を認めた証拠。そのメンタリティーが本田圭佑(フィテッセMF)や長友佑都(ガラタサライDF)ら後輩に引き継がれ、日本は18年ロシアW杯で再び16強に達した。

 だが、8強の壁を超えようと思うなら、闘莉王を超えるタフな人間が何人も出てこないといけない。そう痛感しているからこそ、彼自身から若い世代を叱咤する発言が飛び出したのだろう。

「僕みたいに気持ちを伝えられる選手は絶対に消えてほしくない。代表もW杯8強の壁を超えるには、短期間でみんなが一体感を出し、お互いを信頼し合い、チームとして戦うことが大事。そのためにもベテランの力が必要だし、背中で見せていく人間に期待したい。『日本人魂』を表に出して戦ってほしいです」

 思いを託された長友や川島永嗣(ストラスブールGK)ら現代表組は偉大なDFの言葉をどう受け止めただろうか? 彼の長年の献身に報いるためにも、森保一監督と選手には「強い日本代表」を作り上げてほしい。

(元川悦子/サッカージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)