コロナ禍で逆風も独リーグ再開 強行のウラに選手の“心の病”

コロナ禍で逆風も独リーグ再開 強行のウラに選手の“心の病”

もうすぐ大迫のプレーが見られるか(C)共同通信社

新型コロナウイルス禍で世界中のサッカーが大打撃を受けている中、ドイツがリーグを再開すると明らかにした。

 ドイツのメルケル首相が現地6日、当面は無観客で試合を開催するなどの条件付きながら「5月からの開催を認可する」と発表したのである。

 そして7日、ドイツ・リーグが16日に再開することを正式に発表した。いずれにしてもサッカー大国のリーグ再開は、他国に大きな影響を及ぼすだろう。

 もっとも逆風も吹いている。4日、ドイツ協会がプロ選手とスタッフら1724件のウイルス検査を実施。すると10件の陽性反応があった。さらに、2部アウエが「5日に選手1人から陽性反応が出た」として活動を停止すると発表。足並みの乱れもあり、ドイツ国内からも「見切り発車ではないか?」と、いぶかる声が聞こえてくる。

「ドイツ国内から、感染リスクを一番背負っている選手から『危険を承知でプレーしたい』という意見が数多く出ているのです」と欧州のサッカー事情に詳しい関係者がこう続ける。

「リーグ再開がいつになるのか分からない状況が続いてメンタル面が不安定になり、うつ病的な症状を訴える選手が少なくない。サラリー的にも、基本給以外の出場給や勝利給も発生しないので生活に不安を感じ、これが症状悪化に拍車をかけていると話す選手もいる」

 4月、国際プロサッカー選手協会が欧州とアフリカ各国、オーストラリアなどの選手会を通して総勢1602人の選手にアンケートを実施。「約20%の選手が精神的な不安を訴えている」と警鐘を鳴らした。

 新型コロナウイルスで心が病んでいく者もいる。

関連記事(外部サイト)