日本、南ア下す=久保決勝点、白星スタート―サッカー男子〔五輪・サッカー〕

日本、南ア下す=久保決勝点、白星スタート―サッカー男子〔五輪・サッカー〕

南アフリカ戦の後半、先制ゴールを決める久保(左)=22日、東京スタジアム

 サッカーは22日、男子1次リーグが始まり、53年ぶりのメダル獲得を目指すA組の日本は久保(レアル・マドリード)の決勝点で南アフリカを1―0と下し、2大会ぶりに白星発進した。25日にメキシコ、28日にフランスと当たる。

 日本は開始から試合を支配。決定機を生かせない展開が続いたが、後半26分に久保が決めた。大会前に新型コロナウイルス陽性者などが出た南アフリカを無失点に抑えた。

 A組のもう1試合は、メキシコがフランスに4―1で快勝し、勝ち点3で日本と並んだ。

 C組では優勝候補のスペインがエジプトと引き分け、アルゼンチンがオーストラリアに敗れる波乱があった。D組では連覇を狙うブラジルが前回決勝で当たったドイツを下し、B組のニュージーランドは韓国に勝った。 (了)

【時事通信社】