田嶋会長「まだ3試合」=日本代表の敗戦受け―サッカーW杯予選

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は8日、敵地で7日に行われたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本代表がサウジアラビアに0―1で敗れたことを受け、「まだ3試合が終わっただけで、最終予選は7試合が残っている。ここからが本当に負けられない試合となった」との談話を発表した。

 日本は最終予選に入って低調な内容が続き、1勝2敗。森保一監督の采配を疑問視する声もあるが、田嶋会長は「まずは次の試合にしっかりと勝つこと。そして、絶対に諦めないこと。最後にW杯のチケットを取れるように日本全体でサポートしていきたい」と述べた。 (了)【時事通信社】