サッカーW杯予選・談話

 ◇強い気持ちで戦った

 日本・森保監督 絶対に勝たなければいけない試合で、選手がW杯に出るのは自分たちだという強い気持ちで戦い抜いてくれた。きょうの勝利を次の試合につなげられるようにチーム一丸でやっていく。

 ◇ほっとしている

 日本・吉田 本当にほっとしている。最低限の結果。必ずここを一つ勝たなければいけなかった。何とか首の皮一枚つながっている状況。

 ◇勝負かけ続けた

 日本・長友 途中から入った選手たちが裏へのスピードを生かした。個々の強みを理解して、勝負をかけ続けられたのが(勝ち点3を)手に入れられた要因。

 ◇一番良い試合

 田嶋幸三日本サッカー協会会長 この予選の中で一番良い試合をしてくれたが、それでもW杯予選の試合に勝つことは簡単ではない。このプレッシャーの中で戦った選手、森保監督、チーム全体がさらに力を付けていくはずだ。

 ◇選手誇りに思う

 オーストラリア・アーノルド監督 こういう結果になったが、選手のことを誇りに思う。後半は私たちが支配していたし、日本を苦しめた部分もあった。連勝は止まったが、次のステージに向かっていける。(了)

【時事通信社】