守田、中盤に手応え=サッカーW杯予選

 守田と遠藤航が新システムの肝である中盤の連係に手応えを口にした。「個々の特長を生かせた。守備で奪ってから(早く)いけたし、遅攻も選べた。後出しじゃんけんのように相手を見てできた」と守田。遠藤航がアンカー役で安定感を出し、守田と田中が自由に動き回った。

 遠藤航は相手の動きをうまく読んでボールを奪取したり、状況に応じて高い位置を取ったりする動きが光った。システムを変えてゲーム形式の練習は2日しかできなかったそうだが、「勝ててよかったし、やり方を変えて勝てたのもよかった」と話した。(了)【時事通信社】