長友佑都 妻の芸能界復帰を後押しする中国リーグ移籍

インテルの長友佑都に中国リーグが興味か 移籍なら日本に近く平愛梨が芸能界復帰も

記事まとめ

  • 長友佑都はインテルの戦力になっておらず、新天地を求めたほうがマシだという
  • 長友佑都は欧州での評価も急落しているが、中国リーグが長友獲得に前向きらしい
  • 日本に近い中国なら平愛梨の芸能界復帰も可能なので、日本のTV業界も喜んでいるという

長友佑都 妻の芸能界復帰を後押しする中国リーグ移籍

長友佑都 妻の芸能界復帰を後押しする中国リーグ移籍

(提供:週刊実話)

 サッカー日本代表の長友佑都(30)の結婚披露宴が、6月24日に決まった。その華燭の典はプライベートだけではなく、公私ともに“転機”となりそうだ。
 「長友は、所属するイタリア・セリエAの名門クラブ、インターミラノ(インテル)の戦力になっていない。主力の怪我でスタメンに復帰はしたものの、4月30日のナポリ戦ではクロス処理を誤り決勝点を献上。地元メディアが酷評し、それに長友本人が自身のツイッターで反論しましたが、地元ファンはその言い分にカンカンです」(特派記者)

 契約は'19年6月まで残っているが、この状況では新天地を求めたほうがマシだろう。
 「長友に興味を示しているクラブがあると報じられますが、交渉に至った形跡はありません。大失態の直前、はっきりとクラブ名を記した報道もありましたが、そのクラブも完全否定していました」(同)

 欧州での評価もガタ落ちというわけだが、披露宴の日時決定に合わせるように状況も変化している。インテルの最大株主が中国家電メーカーとなったことを受け、こんな話も出ている。
 「中国リーグが長友獲得に前向きです。中国のクラブはビッグネームを集めるのに必死。各国の代表選手も多いので、戦力がだぶっていても出場機会はインテルにいるよりも確実に増えますよ」(専門誌記者)

 この動きに日本のテレビ業界も喜んでいるという。すでに入籍を済ませたタレントの平愛梨(32)は、長友との結婚で好感度がランクアップした。長友が日本に近い中国リーグに移籍すれば、これまでセーブしてきた番組出演に関しても、その必要がなくなる。
 「披露宴会場がイタリアになるとの噂もありましたが、国内に落ち着いたのは、夫婦ともども放出要員の立場をわきまえてのことでしょう」(TV制作スタッフ)

 「アモーレ」で話題となった長友だが、次は中国語でのアピールになる?

関連記事(外部サイト)