本田圭佑、イラク戦欠場の香川真司の10番を希望か ハリルホジッチ監督は乾貴士に託す

記事まとめ

  • 本田圭佑は「中国のクラブチームへの移籍は?」と聞かれ、否定も肯定もしなかった
  • 豪州、米国、欧州などのクラブと、今後の交渉を有利に進めるためだという見方がある
  • 本田は左肩をイラク戦で欠場した香川真司の10番を希望したそうだが、乾貴士に託された

本田圭佑 日本代表故障者続出そっちのけで「10番」を狙う必死度

 本田圭佑(31)が「自己アピール」に奔走している。
 去る6月15日、本田は中国・上海で自らが企画した少年サッカー教室を開催した。去就が騒がれている時期のため、イベント終了後、地元メディアは本田を取り囲み、「中国のクラブチームへの移籍は?」と核心を突いてきた。
 「本田は、待ってました、と言わんばかりに『オファーがあれば考えます』と答えています。ACミラン退団はすでに決定しており、中国行きを否定も肯定もしていません。しかし、これまでも中国のクラブは本田に興味を示してきましたが、その気があるならとっくにまとまっていたはず。今回の発言にはウラがありそうですね」(専門誌記者)

 中国のクラブチームは金にまかせて世界中の一流選手を獲得し続けている。バブリーな中国クラブとの交渉を示唆することで、豪州、米国、欧州などのクラブと、今後の交渉を有利に進めるため、そんな発言をしたというのが周囲の見方だ。
 「本田はピッチ外でも精力的な活動を見せています。13日に行われたW杯最終予選のイラク戦では、ベンチ入りした選手(23人)は空き番なく23番までをつけることになっているので、本田は左肩を故障して欠場した香川真司が背負う10番を希望したそうです」(同)

 サッカーにおける10番とは、言うまでもなくエースナンバーである。イタリアでは出場機会に恵まれなかったが、本田の実力は海外でも知られている。こうした自己アピールが続くのは、移籍先との交渉がうまくいっていないからだろう。
 「来年のW杯の開催地はロシア。本田はかつてロシアのクラブに所属していたため、この国の事情に詳しい。気候や会場周辺の治安状況を代表スタッフにもアドバイスしています」(スポーツ紙記者)
 “ロシア通”としても、アピールに余念がないわけだ。

 だが、ハリルホジッチ日本代表監督が10番を託したのは、スペインで活躍する乾貴士だった。先のイラク戦では及第点の活躍を見せたが、代表でのスタメンが保証されていない本田。
 自己アピールの課外活動は、しばらく続きそうだ。

関連記事(外部サイト)