ノジマ、初優勝に向けC大阪堺と対戦へ

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ2部で首位を走り、初優勝へ王手をかけているノジマステラ神奈川相模原は8日、相模原ギオンスタジアムでのホーム最終戦(午後1時開始)で3位のC大阪堺と対戦する。

 2位のちふれAS埼玉とは残り2試合で勝ち点5差。勝てば無条件で優勝、来季の1部リーグ昇格が決まる。引き分け、もしくは敗れても、ちふれが引き分け以下に終われば優勝が決定する。

 チームは7日、相模原市南区のノジマフットボールパークで約1時間半にわたって最終調整。笑い声が響くなど明るい雰囲気で汗を流した。

 今季は看板のパスワークで圧倒し、16試合を消化して無敗(13勝)。勝てば優勝だった前節のちふれ戦は1−1で持ち越しとなったが、菅野将晃監督(56)は「もう一度舞台は整った。何となく勝てるだろうという気持ちではなく、心して戦う」と気を引き締める。チーム創設以来、5季連続で主将を務めるMF尾山は「プレッシャーは大きいが、勝って決めたい」と意欲を示した。