福原愛の結婚相手の江宏傑はどんな人?

福原愛の結婚相手の江宏傑はどんな人?

福原愛の結婚相手の江宏傑はどんな人?の画像

卓球日本代表選手の福原愛(27)が、9月21日に結婚を発表した。


リオデジャネイロ五輪直後の9月1日に入籍したそうで、福原は国籍も姓も変えないという。結婚相手で台湾の卓球選手の江宏傑(ジャン・ホンジエ=27)ともども、4年後の東京五輪出場を目指して卓球を続けていくという。



日本のマスコミは“年収が25倍差の格差婚”と報じたが、福原の周囲は「彼女が理解していれば問題ない」と口を揃える。それと同時にも、江の人柄の良さが伝わってきた。「すごく気配りのできる人、選手ではなくてマネジャーみたい」、「腰が低くて、料理も上手」などだ。


台湾のメディアだけでなく、日本の特派記者たちもそう言う。


「福原との新居はドイツになるかもしれません。江選手はドイツ卓球ブンデスリーガ『TTCハーゲン』と、台湾の合作金庫銀行に所属しており、主な活動拠点はデュッセルドルフなのです。結婚会見では、台湾市に日本円で約2,500万円のマンション2部屋を購入し、そのあいだにある壁を取り払って、一つの部屋として使っていくとも話していました。ですが、彼の収入は銀行の社員としての給料のみです。現実的に考えると、デュッセルドルフで暮らすことになりそうです」(特派記者)


台湾の20代男性の平均年収は約150万円。江は500万円ほどだというので、高収入ということになる。


「江の実姉が、今回の結婚に前後して、台湾メディアへ登場しています。その際に、収入格差のある結婚に対する反論もしていました。彼女は、イギリスの大学でパフォーマンスアートを学習したダンサーだそうで、30代半ばでまだ独身です。彼女の人気も高まっています」(同)



江は2014年に卓球世界ランキング47位になったのが最高で、リオ五輪当時は75位。同女子ランキング8位で臨んだ福原との“格差”はここにもあるが、福原への愛は本物だろう。


「美人の実姉が、自分を差し置いて表に出ても怒らない。こういう言動からも、江の人柄が台湾で称賛しされています」(同)


もちろん福原とも上手くやっていけそうだ。

関連記事(外部サイト)