本田圭佑が新天地のメキシコでゴール!W杯予選にも期待

サッカーのイタリア1部リーグのACミランからメキシコのパチューカへ移籍した日本代表の本田圭佑が。デビュー戦でゴールを決めた。


8月22日にホームで行われた第6節ベラクルス戦で、ベンチスタートだった本田は58分から途中出場。73分にカウンターの場面で左サイドから縦へ抜けると、ペナルティーエリア外から左足でグラウンダーのシュートを放ち、ファーサイドのゴールネットを見事に揺らしてみせた。


「本田にとってメキシコの気候やトレーニング環境が合っているということでしょう。イタリアのACミランでは、ファンは常に本田を批判していたり、新聞からも《チームから去れ》と叩かれたりしていました。しかし、メキシコでは、すべてが開放的で、本田も『生活しやすい』と言っているほどです。今後も本田の活躍は続くと見ていいでしょう」(スポーツライター)


メキシコリーグの2017-18シーズンは7月に開幕。しかし、本田圭佑は7月23日に行われた開幕戦を欠場している。試合後の会見でディエゴ・アロンソ監督は「本田は筋肉系に問題を抱えていて、まだ出場することができない。恐らく3〜4週間はかかるだろう」とコメントしていた。その言葉通り、第5節までベンチ入りはなかったが、第6節にして、初めて本田圭佑の名がベンチ入りメンバーに含まれた。


「期待されていながらもミランでは結果が出せませんでしたが、パチューカでは幸先のいいスタートが切れました」(同・ライター)


?


ゴールは調整が上手くいった証拠

ドリブルからディフェンダーを振り切って左足を振り抜いたゴール。キーパーが間に合わないスピードでグラウンダーのキックをゴールにできたことに意味があるという。


「ボールが空中に浮かずにしっかりグラウンダーでシュートを打てるということは、体幹がしっかりできているということ。フィジカルの心配はもうしなくてもいいでしょう」(同・ライター)


日本代表はロシアワールドカップアジア最終予選で8月31日のオーストラリア戦と9月5日のサウジアラビア戦に向けた代表メンバー27名を8月24日に発表し、本田も招集された。この試合に勝てばW杯への出場が決まる。


「本田のほかにフォワードは久保裕也、浅野拓磨、原口元気、乾貴士、武藤嘉紀、大迫勇也、岡崎慎司、杉本健勇が招集されました。本田と抜擢された杉本以外は、ヨーロッパのチームに所属する選手です。岡崎以外は年下の選手ばかり、ゴールの好調さを代表にも持ち込んで、チームを引っ張るところを見せてほしいです」(同・ライター)


アジア最終予選でも本田のゴールに期待したい。


?


【画像】


(C)Ake Veera / Shutterstock

関連記事(外部サイト)