サッカー協会元会長・川淵三郎氏が「失礼極まりない」前監督批判で炎上

サッカー協会元会長・川淵三郎氏が「失礼極まりない」前監督批判で炎上

(C)ostill / Shutterstock

サッカーのワールドカップロシア大会で日本代表が勝利をして歓喜に沸いた夜、試合前に炎上騒ぎを起こした人物がいた。日本サッカー協会(JFA)の元会長で、現在は相談役を務める川淵三郎氏だ。川淵氏は6月18日にツイッターへ次のような投稿をした。




ハリルホジッチ監督の時、ほとんど勝てる可能性がないので、オランダ、イタリア、アメリカのサッカーファンのことを考えれば出場出来るだけラッキーと考えてW杯を楽しんでくださいと講演などで話していた。西野監督に変わった今は何か起きるかも知れないというドキドキ感が今朝になっ自分に出てきた。


― 川淵三郎(日本トップリーグ連携機構会長) (@jtl_President) June 18, 2018


https://platform.twitter.com/widgets.js


この投稿に多くの返信が集まったのだが、そのほとんどは日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏に対して失礼だという批判だった。


《サッカーファンを減らすような発信は控えていただきたく存じます。》

《さすがにこの発言は人間性を疑います。ここまでの各国の戦いを見て今日は素直にサッカーを楽しみながら日本代表を応援しようと思ってましたが、朝から気持ちが揺らいでしまいました。人として残念。》

《それはちっと酷くないですかい? ましてやあなたがこんなSNSの場で言っちゃいけないよ。ハリルに失礼すぎるだろう。人として常識に欠けてる。失望です!!》

《w杯出場権獲得した時の監督誰かわかってますか? あまりにも失礼だと思います。元トップがする発言としては余りにもお粗末だと思いますよ。すぐにハリル前監督に謝罪してください。》

《そもそもW杯の出場権を獲得した時の監督はハリルホジッチですし、いち代表監督をお願いした日本の立場としてその発言はハリルホジッチに対しリスペクトがなさすぎると思いますが。もちろん監督だけではなくて、選手に対しても失礼です。機構のトップとしてあなたは相応しくありません。》


川淵氏はハリルホジッチ氏に対して批判的で、監督解任を支持する投稿もしていた。



田嶋会長の記者会見を見た。正直、このタイミングで解任を決断したことに敬意を表したい。数%の奇跡を求めて、批判されることは覚悟の上とは言え中々出来ることではない。本人に告げる時の心境は胃が痛いどころの話ではない。監督は何時も更迭と向き合っているものの今回は予想外だったみたい。


― 川淵三郎(日本トップリーグ連携機構会長) (@jtl_President) April 9, 2018


https://platform.twitter.com/widgets.js


このときにも批判が集中している。


?


ハリルホジッチ氏は日本代表をいまでも応援

一方で、当事者のハリルホジッチ氏は日本代表についてサッカー専門サイトのインタビューに応じ、「わたしは日本の監督として3年を過ごした。幸せな思い出、素晴らしい思い出がたくさんある。かつてともに戦った選手たちを心から応援する。ロシアでの幸運を願っているんだ。彼らが夢の舞台で素晴らしい結果を手にするよう祈っているよ。」と応援のコメントを残している。


現JFA会長で、ハリルホジッチ氏を解任した田嶋幸三氏は、川淵氏が会長だったときに腹心と言える存在だった。自分の子飼いが下した決定をひたすら肯定しているだけなのかもしれない。


?


【画像】


ostill / Shutterstock


関連記事(外部サイト)