ポーランド戦へ向けて岡崎慎司が確信 「日本はチームの総合力が上がっている」

ポーランド戦へ向けて岡崎慎司が確信 「日本はチームの総合力が上がっている」

ポーランド戦も総力戦で臨む日本代表

ポーランドとの決戦の地、ヴォルゴグラードはこの時期、気温40度近くの猛暑に見舞われる。それを見越したように、これまで比較的涼しかったベースキャンプ地のカザンの気温もセネガル戦を終えて戻った頃には40度近くに上昇していた。

ただし、3戦目のポーランド戦に向けて、これは悪い状況ではない。こうした暑さには日本のほうが慣れているからだ。原口元気が言う。

「日本のほうが暑さには強いと思うし、向こうのほうがしんどいかなと」

ポーランドはすでに2連敗を喫し、グループステージ敗退が決まっている。しかし、だからといって日本のほうが優位とは言えない。すでに敗退が決まったチームが最終戦でプレッシャーから開放され、開き直ってベストパフォーマンスを見せることは、よくある話だ。2連敗していたモロッコが最終戦でスペインを追い詰めて一時は逆転、最終的にドローに終わったのは最たる例だ。

「どのチームも国を背負ってここに来ているし、ポッド1で入ってきたチーム。このまま負けて帰れないというプレッシャーがあると思う」と吉田麻也は気を引き締めている。

ポーランドはここまで世界屈指のストライカー、ロベルト・レバンドフスキを狙うだけの単調な攻撃が多く、その攻撃もエースに合っていない。だが、予選を通じてセットプレーでの得点が多く、日本はここ数試合、セットプレーからの失点が多い。このセットプレーの攻防がポイントのひとつと言えそうだ。

一方、1勝1分けで勝点4のグループ首位に立つ日本のチーム状態は、かなり良好だ。大きなケガ人もおらず、何よりプレッシャーのかかる戦いを楽しんでいるのがいい。セネガル戦の前半終了間際に見せたオフサイドトラップなどは、楽しんでいる証しだろう。オフサイドを取った直後、TV画面が捉えた吉田の「やってやった」という満足そうな笑みが、何よりそれを物語っている。

「自信を深めているし、勢いも感じる。まだ出ていない選手もそろそろ出たいとウズウズしていて、彼らのモチベーションも感じています」と吉田は明かす。

岡崎慎司は4年前のブラジル大会と比較して、チームの総合力が上がっていると証言する。

「最初は勝点1取れれば御の字くらいの感じで入って、プラスαで勝点3を取りにいく。各ポジションにバランスの良い配置ができている。頑張れるやつ、ゲームを作れるやつ、前線で身体を張れるやつ、切り札として点を取れるやつとか。どうやったらワールドカップでグループステージを突破できるのかにフォーカスしている。自分たちの戦い方どうこうではなく」

また、本田圭佑はチームと西野監督のスタンスとの相性の良さを力説した。

「西野さんが優れているのは、人の意見を受け入れられること。そこに提言できる選手がこのチームに多いことがマッチしていると思う」

中3日で迎えるポーランド戦は、メンバーのセレクトも焦点のひとつ。2試合続けて同じメンバーが先発し、選手によっては疲労が蓄積されている頃だろう。5月末にスタートした国内合宿から全選手にチャンスを与え、総力戦でここまで戦ってきただけに、思い切ってメンバーを変更するのも一考だろう。

たとえば、消耗の激しい両サイドハーフ、原口や乾貴士に代えて宇佐美貴史や武藤嘉紀を送り出す。あるいは、ボランチの柴崎岳、長谷部誠に代えて大島僚太、山口蛍をピッチに立たせる。ベスト16、ベスト8でインテンシティの高いサッカーを試みるなら、ここでフレッシュなメンバーを送り出し、レギュラー組をひとりでも多く休ませたい。

ここまで理想的な戦いを繰り広げてきたが、ポーランドに敗れ、3位に転落すれば、これまでの勝点4はすべて無駄になる。今のチームが油断するなどとは思えないが、これまで通り、チャレンジャー精神で熱い戦いを繰り広げたい。

(取材・文/飯尾篤史 写真/JMPA)

関連記事(外部サイト)