<W杯アジア最終予選>タイ戦圧勝の裏で露呈したハリルジャパンの穴

【W杯アジア最終予選】タイ戦で圧勝もハリルホジッチ監督「内容に不満を抱く点も」

記事まとめ

  • アジア最終予選で日本代表はタイ戦で、香川真司や岡崎慎司らのゴールで4-0で圧勝した
  • ハリルホジッチ監督は勝利を称えながらも「内容に不満を抱く点もあった」と述べた
  • 久保裕也や山口蛍、森重真人に酒井高徳が立続けにパスミスを犯し、溜息が漏れる場面も

<W杯アジア最終予選>タイ戦圧勝の裏で露呈したハリルジャパンの穴

<W杯アジア最終予選>タイ戦圧勝の裏で露呈したハリルジャパンの穴

久保裕也が1ゴール2アシストと活躍したが、ハリルジャパンはチームの穴を露呈した(写真:ロイター/アフロ)

 攻めては今回のアジア最終予選で最多となる4ゴールをあげて、守っては23日のUAE(アラブ首長国連邦)代表戦から守護神に復帰した川島永嗣(FCメス)が、PKを阻止するなど無失点に封じた。

 タイ代表を4‐0で一蹴した28日のW杯アジア最終予選。もっとも、埼玉スタジアムの取材エリアに姿を現した日本代表の選手たちは、スコアほどの充実感を漂わせてはいなかった。
 右ひざの負傷で離脱したMF長谷部誠(フランクフルト)に代わり、2試合連続でキャプテンを拝命。後半38分には4点目を決めた、DF吉田麻也(サウサンプトン)に笑顔はなかった。

「結果は評価できますけど、内容は全然ダメでしたね。選手間の距離が長かったし、ボールの失い方も悪かっ
た。無失点で終えられたのは奇跡に近かったと思う」

 取材エリアに隣接する記者会見場。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督も、勝利を称えながら「内容に不満を抱く点もあった」と自ら切り出した。

「少し気を抜いてしまったのか、集中力やハードワークが足りなかった。フラストレーションを感じさせるような、あまりにも簡単なパスミスが多かった時間帯もあった。対戦相手がより高いレベルだったら、まったく違った展開になっていたかもしれない」

 開始8分にMF香川真司(ボルシア・ドルトムント)が先制点を、19分にはFW岡崎慎司(レスター・シティ)が史上3人目となる代表通算50得点目を、ともに成長著しい23歳のFW久保裕也(ヘント)のアシストから叩き込んだ。

 約5万9000人のファンやサポーターで青く染まったスタンドに充満したゴールラッシュの予感は、しかし、直後から萎んでいく。イージーなパスを何度相手にわたしてしまったことか。球足の遅いパスを何度カットされたことか。

前半39分からの3分間には、久保、MF山口蛍(セレッソ大阪)、DF森重真人(FC東京)、MF酒井高徳(ハンブルガーSV)が立て続けにパスミスを犯し、そのたびにスタンドからため息が漏れた。

3点目は後半12分の久保のミドル弾まで待たなければいけなかった。選手たちに蓄積した疲労や、タイが予想以上にアグレッシブに前へ出てきたこともある。それでも、最終予選で未勝利が続く最下位を相手に、なぜ指揮官をして「パーフェクトではなかった」と言わしめる試合を演じてしまったのか。

 理由のひとつに安ど感がある。
   

 昨年9月に黒星を喫したUAEとのアウェー戦は、W杯切符の行方を左右する大一番でもあった。極度の緊張感のなかで完璧な内容で勝利し、タイ相手にもファインゴールを連発。心の片隅に油断の二文字が巣食いかねない状況が生まれていた。

 UAE戦で救世主となったMF今野泰幸(ガンバ大阪)が、左足小指のつけ根を骨折。無念の離脱を強いられたことで、タイ戦では酒井高が山口とダブルボランチを組んだ。所属クラブではボランチでもプレーする酒井高だが、日本代表では左右のサイドバック以外でプレーした経験がない。

「それもあると思いますけど、それだけではない。選手が違うからと言い切ってしまえば、それで終わってしまう。それ以上のことを求めていかないといけないので」

 ミスが多かった理由を、即席のボランチコンビだけに帰結させてはいけない――。吉田はキャプテンとして、もっとできたことがあったと自らを責めた。

「チームを引き締めてコントロールしなきゃいけないところで、自分もどちらかと言うと悪い流れに引き込まれてしまった」

 最終ラインからチームを鼓舞する大声をしぼり出しても、これだけの大観衆で埋まったスタジアムでは届かない。やはり心臓部となるボランチで絶えず周囲を見渡し、少しでも空気が緩んでいると感じたら叱咤激励し、状況によっては喝を入れられる存在が必要となる。

 これまでは長谷部が、いわばピッチ上の監督を担ってきた。翻って山口は武器であるボール奪取を含めたプレーで引っ張るタイプであり、酒井高は代表では初体験のボランチで自分の色を出そうと必死だった。試合後には開口一番、「よくなかった」と自らにダメ出しをした。

 先発陣では最年長となる34歳の川島も、「キーパーはなかなかプレーに関われないので」と苦笑いしながら、最後尾から見つめていた仲間の戦いぶりを振り返った。
「長谷部がいない、というのは元から大きいと思うけど…あのへんでフィールドの選手たちが、もうちょっと上手く修正できればよかったのかな、と」

 あのへんとは要はボランチとなるが、だからといって下を向く必要もない。日本代表に関わるすべての人間に届けとばかりに、吉田が「悪いときでも勝ち点を積み上げられたので」と強調する。

「勝ったからこそしっかりと足元を見つめ直して、どのように改善していけばいいのかを探っていける。負けが混む、あるいは負けが続くとそういう余裕もなくなる。次(の招集)まで2ヶ月ほど、各々がやるべきことに精いっぱい取り組んで、また代表に帰って来られるようにしないと」

 長谷部の不在がもたらす影響を痛感したのならば、補ってあまりある方法をそれぞれが考え抜けばいい。ピンチとチャンスは表裏一体であり、真剣勝負から得た教訓は成長を促すまたとない触媒となる。

 サウジアラビア代表が1‐0でイラク代表に辛勝したこともあり、日本は得失点差でサウジアラビアを上回ってグループBの首位に立った。残りは3戦。タイ戦を良薬として、ロシアへのラストスパートに入る。

(文責・藤江直人/スポーツライター)