ハリルホジッチ監督がポリシーを覆した理由

【W杯アジア最終予選】ハリル氏がポリシー覆す 川島永嗣・本田圭佑・香川真司ら招集

記事まとめ

  • W杯アジア最終予選の第3節・第4節に臨む日本代表に川島永嗣ら26人が29日、発表された
  • ハリルホジッチ監督は"試合が最もいいトレーニングである"というポリシーを貫いてきた
  • 川島はベンチ入りもできていないが、監督はメンタルを押し上げる役割の例外だと語った

ハリルホジッチ監督がポリシーを覆した理由

ハリルホジッチ監督がポリシーを覆した理由

代表復帰を果たした川島だが、所属するチームではピッチに立てていない。(写真:田村翔/アフロスポーツ)

10月6日に行われるW杯アジア最終予選の第3節・イラク代表戦(埼玉スタジアム)、同11日の第4節・オーストラリア代表戦(メルボルン)に臨む日本代表メンバー26人が29日、日本サッカー協会から発表された。

 UAE代表に苦杯をなめ、タイ代表には辛勝した前回シリーズの最終的なメンバー人から外れたのは、GK林彰洋(サガン鳥栖)とDF遠藤航(浦和レッズ)の2人。代わりにGK川島永嗣(メス)、槙野智章(浦和)と長友佑都(インテル)の両DFが復帰し、MF永木亮太(鹿島アントラーズ)が初招集された。

 永木を除けばハリルジャパンの常連といえる顔ぶれだが、欧州の新シーズンが進むにつれてヴァイッド・ハリルホジッチ監督は予期せぬ問題に頭を悩ませていた。主軸を担う欧州組が、所属クラブで軒並みベンチウォーマーを強いられているからだ。

 例えばFW本田圭佑(ACミラン)は、6試合のうち途中出場で2試合、わずか19分間に出場しただけ。DF吉田麻也(サウサンプトン)も開幕戦で先発フル出場した後は、5試合連続でリザーブに甘んじている。

 FW岡崎慎司(レスター)、MF香川真司(ドルトムント)、MF清武弘嗣(セビージャ)と過去最多の3人が挑んでいるチャンピオンズリーグでも、グループリーグの2試合を終えた段階で誰もピッチに立っていない。

 招集された15人の欧州組でポジションを確保しているのは酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)の両サイドバックとFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)の3人のみ。川島に至っては、いまだにベンチ入りすら果たしていない。

 東京・文京区のJFAハウスで記者会見に臨んだハリルホジッチ監督は、「今回のリストを作成するのは本当に難しかった」と偽らざる本音を漏らしている。

 選手選考に当たって、指揮官は「試合が最もいいトレーニングである」というポリシーを貫いてきた。前回シリーズで川島を選外とした際には、GKに招集した3人のJリーガーを引き合いに出しながら、復帰への条件をこう公言している。
「先発で出場しなければ、この3人の争いの中にも入ることができない」

 今回の川島復帰に関しては強烈な存在感で仲間を鼓舞し、チームのメンタルを押し上げる役割を託すための例外だと指揮官は明かした。しかし、本田や香川、今夏に移籍したアウグスブルクでわずか8分間の出場に甘んじているFW宇佐美貴史らの招集は、明らかにポリシーに反する。
   

 一方で直近のリーグ戦で2試合連続ゴールをマークし、昨年6月以来の代表復帰が期待されたFW大迫勇也(ケルン)は選外。8月以降の7試合で6ゴールを量産し、28歳にして才能を開花させた192センチの大型FW長沢駿(ガンバ大阪)の名前も、リストには見当たらなかった。

 国外でプレーする選手を代表チームに招集する場合、各国協会はレターを試合の15日前までに所属クラブへ送付する必要がある。ハリルホジッチ監督はレターの提出期限後に大迫が点を取り始めたと説明したうえで、こう続けた。

「1点、2点を取ったからといって、すぐにA代表に呼べるわけではない」

 要は岡崎、浅野拓磨(シュツットガルト)、武藤嘉紀(マインツ)からなるワントップの序列に割って入るのは時期尚早と強調したことになる。しかし、例えば原口はヘルタ・ベルリンで開幕からレギュラーとして活躍したことが、先発に抜擢されたタイ戦での先制ゴールを含めた大活躍につながっている。

 いまが旬の選手は、代表に招集されたことでさらにモチベーションが高まる相乗効果も望める。その意味では大迫や長沢、J1で最も切れ味鋭いドリブルを披露しているFW齋藤学(横浜F・マリノス)らも旬の真っただ中にいるが、指揮官はこう語っている。

「15人の海外組の中で、先発で出ていない選手もいる。普通の基準ならば呼べないわけだが、彼らを外してしまえば他に誰が代わりにいるのか? かなり難しい。残念ながら海外と日本で行われているフットボールとでは、まだ歴然とした差がある。特にフィジカルの面においてだ。Jリーグのことを世界一素晴らしいリーグだと言えば、私は『お前はフットボールを知らないのか』と言われるだろう」

 決してJリーグ批判ではなく、日本サッカー界の未来を憂慮するがゆえの提言だと指揮官は語気を強める。長沢や齋藤らも注目しているといいながら、それでもポリシーを覆してまで欧州組偏重を貫くのは、リスクを冒したくないからに他ならない。実際、長沢に関してはこうも言及している。

「いまのパフォーマンスを続ければ、運動量が多いので攻撃の組み立てに参加できるという感じもする。ただ、アジア最終予選で参加させるには少しリスクがある」

 先のUAE戦で、A代表デビューのMF大島僚太(川崎フロンターレ)を先発に大抜擢した同じ指揮官の言葉とは思えない。そのUAE戦で大島が2失点に絡み、ホームでまさかの逆転負けを喫したショックがトラウマとして心の奥底に刻まれているのか。
   

 日本が所属するグループBはサウジアラビア代表と、グループ最強のオーストラリアが連勝スタートを切った。連敗スタートながら、第2戦で残り10分までサウジアラビアをリードする互角の戦いを演じたイラクも決して侮れない。

 もし10月シリーズでつまずけば、現時点で3位の日本にとって、W杯切符を自動的に獲得できる2位以内に入る道は一気に険しさを増す。場合によっては11月15日のサウジアラビア戦(埼玉スタジアム)へ向けて体制の刷新、つまり指揮官の更迭で流れを変える荒療治も必要になってくる。
記者会見では「UAE戦と同じ結果になったとき、監督はけじめをつけてくれるのか」という質問も飛んだ。表情をこわばらせながら、指揮官はこんな言葉を返した。

「皆さんが私の他に別の監督を連れてきたいのならば別だが、まだまだやるべきことがある」

 自身を取り巻く空気の微妙な変化に気がついているからこそ、些細なリスクでも徹底的に排除して、まずはイラク戦の勝利を目指す。ポリシーに反してまで欧州の常連組にこだわる理由も、おそらくここにあると見ていい。ただ、別の意味でリスクは生じる。

 試合勘の欠如は、パフォーマンスに決して小さくない影を落とす。タイ戦でゴール前に詰めた本田がクロスを空振りした場面は、その最たる例といっていい。選手たちは日本までの長距離移動と時差ぼけに苦しめられ、中にはイラク戦の2日前に帰国する選手もいるが、指揮官は欧州組の経験値を選択した。

「本田に関しても香川に関しても岡崎に関しても、所属クラブで先発できないからサヨナラとはならない。7年、8年と日本に寄与してくれた選手を簡単には排除できないし、メンタル的にチームが壊れてしまう。これは『君たちを信頼している』というメッセージであり、私はピッチで返答を待つ」

 世代交代とチームの成長を促す弱肉強食の論理を排除してまで、長く培われてきたコンビネーションに活路を託して臨む10月シリーズ。「結果だけが真実だ。負けたときは私を批判してほしい」と再び語気を強めたハリルホジッチ監督のもと、日本代表は10月2日から埼玉県内で直前合宿に入る。

(文責・藤江直人/スポーツライター)