ハリルJに復帰したGK川島が誓うメンタルプレーヤーとしての役割

ハリルJに復帰したGK川島が誓うメンタルプレーヤーとしての役割

代表復帰したベテランの川島にはメンタルプレーヤーとしての役割が課せられた。(写真:田村翔/アフロスポーツ)

 日本代表復帰を果たしたGK川島永嗣(FCメス)が3日、イラク代表およびオーストラリア代表と対戦するロシアW杯アジア最終予選へ向けて、埼玉県内で行われている直前キャンプに一日遅れで合流した。

 W杯南アフリカ大会でブレイク、ブラジル大会でも引き続き日本代表のゴールマウスを守ってきた川島だが、招集された25人のなかで最年長の33歳となる今回は、これまでとは異なる立場に置かれている。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、「彼がプレーするかどうかは別問題だ」と前置きしたうえで、川島に特別なミッションを託していたからだ。

「エイジは発言力も経験もあるリーダーの一人であり、チームにいいスピリットをもたらしてくれる。厳しい戦いにおいて、彼のグループのなかでの存在感が必要になってくる。メンタルプレーヤーを入れることで気持ちを立ち上げて、チームを底から押し上げる。第3キーパーをメンタルプレーヤーとして扱うのは、各国の代表チームがよくやることだ。エイジにはその役割を担ってほしい」

 今夏に移籍したフランス・リーグアンのFCメスで、川島は開幕から8試合続けてベンチ外に甘んじている。ヒエラルキーは2人のフランス人GK、20歳のトーマス・ディリオンと26歳のダビド・オーバーハオザーに次ぐ3番手。クラブからも「2人に豊富な経験をもたらす」とピッチ外の部分で期待されている。

 主戦場は控えの選手たちがプレー機会を確保するリザーブリーグ。ハリルホジッチ監督は以前から「所属クラブで先発すること」を特に欧州組に強く求めていて、基準を満たさない川島はUAE代表およびタイ代表と戦ったW杯アジア最終予選の9月シリーズでは選外となっていた。

 しかし、9月1日のUAE代表との初戦でまさかの黒星発進を喫したことで状況は一変する。10月の2試合へ向けて「いままでよりもメンタルを出していかなければいけない」と危機感を募らせた指揮官は、ピッチの外で“応援団”を務められる存在として6月のキリンカップ以来となる川島に白羽の矢を立てたわけだ。

 3日夕方から行われた練習前には、フランス語も堪能な川島と通訳を介することなく即席会談。ハリルホジッチ監督から招集された意図を伝えられた川島は、この日に合流した選手たちに別メニューとして課されたランニングで先頭を走るなど、意欲的に練習に取り組んでいた。

「どのようなことを話したのかは言えないですけれども、今回呼ばれたことに関しては監督からメッセージをもらったので、自分としてはそれを受けて、このキャンプをしっかりとやっていきたい」
   

 昨シーズンも前半は所属チームなしの“浪人”を強いられ、日本代表からも外れた。シーズン後半に加入したスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCでは2部リーグへの降格を味わされ、FCメスでも過酷な現実と向き合い続けている。

「(ベンチ入りの)メンバーに入れていないので、その意味では自分にとっては難しい状況ではあると思いますけれども、こうなる状況はわかって契約しているので。ヨーロッパのなかでも大きなリーグでのチャレンジですし、日本人のキーパーとしてどこまでやれるのかを、一日一日と突き詰めていきたい」

 6日のイラク代表戦(埼玉スタジアム)と11日のオーストラリア代表戦(メルボルン)でもベンチ入りする23人から外れる可能性も十分に考えられる。
 
 それでもポジティブな姿勢と哲学とを貫き、練習で頼れる背中を見せている。大きな存在感が、出場機会が激減しているFW本田圭佑(ACミラン)やMF香川真司(ドルトムント)らを鼓舞する相乗効果をもたらすと、キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)も川島の代表復帰を歓迎する。

「彼がいることでチームがちょっとピリッとする部分もあります。彼の存在感は日本代表のなかでもすごく大きいので、そこは個人的に非常に期待しています」

 練習後の取材エリア。ハリルホジッチ監督が発したメンタルプレーヤーなる言葉や長谷部の言葉を伝え聞いた川島は、苦笑いを浮かべながら等身大の自分自身を貫くと強調した。

「自分としては特別に意識することはないですけれども、代表でやらせてもらっているなかで、いろいろな経験をさせてもらいました。その意味では自分にできることもあると思うし、いま大切なのはチームの一人ひとりが自信をもって戦うことなので、みんながそういう輝きを取り戻して戦えるように、今回の2試合で生き生きとプレーできるように、チーム全体で押し上げていきたい」
   

 豊富なキャリアのなかで、川島自身もメンタルプレーヤーを間近で見たことがある。W杯南アフリカ大会。楢崎正剛(名古屋グランパス)と、川島が順当に選出されたキーパーの3人目として、前年に負った大けがの影響で試合に出場していなかった川口能活(当時ジュビロ磐田)の名前が読み上げられた。

 不振が続いていたチームを「炎の守護神」と呼ばれた熱いメンタリティーで鼓舞し、ひとつにまとめあげる大役を、岡田武史監督は当時35歳だった川口のサプライズ選出に託した。大会開幕直前には戦術およびレギュラーが大幅に変更され、楢崎に代わって川島が大抜擢された。下馬評を覆し日本が決勝トーナメントへ進出した過程で見てきた川口の立ち居振る舞いと、第2キーパーに格下げされても決して腐らなかった楢崎の存在が、新たな力を与えてくれたと川島は振り返る。

「僕はいまでも日本代表の偉大な先輩たち、(川口)能活さんやナラさん(楢崎)に追いつきたいと思っているし、こういう立場になってあらためて2人の経験の大きさを感じることもある。いま現在の自分がチームを見てまた新しいことをできるかもしれないし、そういうところは先人に学びながらやっていきたい」

 新しいこととは、メンタルプレーヤーに他ならない。川口や楢崎がかつて演じた役割を、負けはもちろん引き分けすらも許されないイラク代表戦へ向けて演じられ、いい流れをグループ最強の難敵オーストラリア代表のホームへ持ち込めれば――またひとつ成長の階段を駆けあがれると、川島は信じて疑わない。

 一夜明けた4日には本田やDF長友佑都(インテル)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)らが合流。イラク戦の2日前にしてようやく25人全員がそろい、今回のキャンプで初めて練習を非公開として戦術やコンビネーションなどをすり合わせていくハリルジャパンを、川島が縁の下から支えていく。

(文責・藤江直人/スポーツライター)