松木安太郎氏 深夜の日本を驚かせた謎の「ハンド解説」

松木安太郎氏 深夜の日本を驚かせた謎の「ハンド解説」

今度はどんな解説を聞かせてくれるのか?

 6月13日、サッカーW杯アジア最終予選で日本はアウェーでイラクと対戦する。この試合に勝てば、W杯出場に王手がかかる。約3か月ぶりとなるW杯予選はテレビ朝日系で中継され、松木安太郎氏が解説を務める。

 前回の3月23日、日本はUAEをアウェーで2対0と下した。前半13分、23歳の新鋭・FW久保裕也が代表初ゴールを決めると、後半6分には2年ぶりの代表復帰となった34歳のベテラン・MF今野泰幸が右足で追加点を挙げた。

 テレビ朝日系列で中継されたこの試合で解説を務めた松木氏は、いつもと一味違う解説を披露していた。松木安太郎研究家でライターのシエ藤氏はこう分析する。

「松木氏は、劣勢になると興奮が収まらなくなります。たとえば、相手ペナルティエリア内に迫ると、何かと『ハンド!!』と叫び、PKを奪いに行くほどです。しかし、この日は最近にない2点リードする展開。絶叫のイメージが強いだけに、どう言葉を紡ぐのかに注目していました。すると、2対0の余裕が、松木氏の新たな一面を生み出しました。着目する点は同じ『ハンド』でしたが、全く違う引き出しを開けてきたのです」

 後半29分、前線に走り出した久保にパスが通ったかに見えた。しかし、手前でバウンドしたボールは久保の手に当たってしまい、ハンドで相手ボールとなってしまう。すると、松木氏はこう呟いた。

「ボールが悪いよね。久保のせいじゃない」

 松木氏は、なんとハンドという反則の原因を「ボールが悪い」と分析したのである。さらに後半40分、残り5分で2点のリードを保っているとき、FW岡崎慎司がハンドをしたが、そこに松木氏はこう一言添えた。

「岡崎のトラップのハンドも、ベテランっぽいハンドだよね」

 普通の解説者なら何気なく流してしまうシーンで、松木氏は自分の持ち味を存分に発揮した。ベテランっぽいハンド──。

「一見、よくわからないと思われるかもしれません。だからといって、『ベテランならハンドしないように、上手くトラップするのではないか』とまともに反応してはいけない。深夜2時を過ぎて2対0とリードしていれば、床に就こうとする人も大勢いたはずです。サッカーは最後まで何が起こるかわからない。日本サッカーはW杯予選で、『ドーハの悲劇』など幾度となく厳しい場面を経験してきた。日本サッカーの生き字引とも言える松木さんが『ボールが悪いよね。久保のせいじゃない』『ベテランっぽいハンド』と謎の一言を吐くだけで、視聴者は眠気が覚めます。

“まだ油断してはいけない”ということを遠回しに、『ボールが悪いよね。久保のせいじゃない』『ベテランっぽいハンド』という言葉に置き換えることで松木さんは我々に訴えたのだと思います。よくある言葉で注意を促しても、人の意識は向かないですからね。かなりの高等技術だと思いますよ。絶叫するだけが松木安太郎ではないと分からせてくれた一戦でした」(シエ藤氏)

 もはや『ベテランっぽいハンド』が存在するかどうかは、事の本質ではないのだろう。13日の試合でも、松木氏は新たな一面を見せることで視聴者を惹き付けてくれるかもしれない。

関連記事(外部サイト)