W杯予選消化試合での解説・松木安太郎氏の楽しみ方

W杯予選消化試合での解説・松木安太郎氏の楽しみ方

消化試合の解説で新たな名言の可能性も?

 6大会連続のW杯出場を決めたサッカー日本代表。9月5日火曜深夜には、アジア最終予選B組の最終戦としてサウジアラビアと対決する。本大会出場を決めた後だけに、注目度もあまり高くない。いわば消化試合に当たるうえ、深夜2時30分から放送のため、過去のW杯予選と比べ、視聴率も期待できない条件が揃っている。

 そんな中、「こういう試合こそ、普段見られない松木安太郎像が見られるはずです」と松木安太郎研究家でライターのシエ藤氏が語気を強める。

「たしかに、消化試合になったことで、松木さんの熱量はいつもと比べれば間違いなく落ちるでしょう。視聴者と常に同じ気持ちですから、テンションも低くなるのは否めない。ただ、松木さんの場合、熱くなると言葉遣いが荒くなる一方で、余裕がある時には思わぬ角度からのギャグや駄洒落、ポジティブ解釈を多めに混ぜてくる可能性が高まります。つまり、いつもの最終予選の試合とは違う一面が見られるのではないか、と期待できます」

 過去には、GK西川周作がファインセーブを連発すると「グローブにのりがついている感じですね」というギャグとも本気とも取れる表現を挟み込み、MF本田圭佑のシュートが惜しくもバーに当たると「ゴールちょっとズラしたいよね。ほんのちょっとでいいんだ」と尋常ではないポジティブ発言をしている。また、なでしこジャパンの試合では、FW吉良知夏がゴールを決めると「吉良だけにキラッとね」という駄洒落を繰り出したこともあった。ただし、深夜放送のため、あまりつまらない駄洒落だと視聴者の眠気を誘発する心配もある。

「万が一、駄洒落で滑ったとしても、試合は90分ありますから長い目で見てほしい。深夜ならではの、松木さんしか言えない名言が期待できるからです。同じく深夜の中継となった3月23日のUAE戦では、“謎のハンド解説”が話題を呼びました。FW久保裕也が前線でパスを受けようとするも、味方の蹴ったボールがバウンドして手に当たってしまった。すると、『ボールが悪いよね。久保のせいじゃない』と誰も発想できない解釈をした。また、後半40分にFW岡崎慎司がハンドをすると、『ベテランっぽいハンドだよね』と言った。ハンドという反則を、あたかもナイスプレーのように表現しました。

 この“深夜のポジティブ解説”は、松木さんにしかできない技のため、視聴者は思わず耳を傾けてしまいます。消化試合の深夜放送となれば、新たな名言が生まれる可能性もグッと高まると思います」(同前)

 消化試合のサウジアラビア戦。松木安太郎氏の解説から、再び伝説が生まれるか。

関連記事(外部サイト)