「絶対に辞めないでください!」スペインサッカー“放送危機”のWOWOWに激励の声

「絶対に辞めないでください!」スペインサッカー“放送危機”のWOWOWに激励の声

画像はイメージです

 有料契約者を対象に、様々な分野の番組を放送しているWOWOW。これまで、その中にはサッカーのスペインリーグ「リーガ・エスパニョーラ」も含まれていたが、これが消滅の危機に見舞われている。

 先月31日に更新された、WOWOWのツイッターアカウントの1つ「WOWOWサッカー」。そこには、「『スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ 2018-2019シーズン』は、権利元の都合により放送未定となりました。放送決定し次第、改めてご案内させて頂きます」という一文が記載されている。

 また、上記の内容はWOWOWの公式サイト上でも確認することができる。リーガ開幕に向けての関連番組は予定通り放送するとのことだが、肝心のシーズンが放送できないとなれば、これらの番組への興味もいくらか損なわれてしまうことは避けられないだろう。

 国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が発表する世界リーグランキングにおいて、8年連続で1位に選出されているリーガ・エスパニョーラ。リオネル・メッシ(バルセロナ)をはじめとした各国のスター選手や、乾貴士(ベティス)、柴崎岳(ヘタフェ)といった日本人選手が戦う非常に注目度の高いリーグだ。その魅力的なコンテンツを失うことが、WOWOW側に非常に大きな損失をもたらすことは想像に難くない。

少々話が逸れるが、10年に渡って保持してきたJリーグの放映権を2016年末に失った「スカパー!」では、その後約10万人の解約者が出たという。Jリーグでこれだけの影響が出たことを考えると、今回の一件はそれ以上の数字になる可能性も少なくないだろう。

 複数サッカーメディアでも、既に報じられているWOWOWの窮状。この一件を受けて、前述ツイートのコメント欄には「絶対に辞めないでください!」、「リーガ=WOWOWなんです!負けないで!」、「頑張れWOWOW!!!俺たちのWOWOW!!!」といった激励の声が数多く寄せられている。

 8月17日に開幕を控える中、少なからず衝撃をもたらしている今回の一件。今後どのような経緯をたどっていくことになるのだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事(外部サイト)