元なでしこ、受け子で逮捕…8人を強姦・強姦未遂で懲役30年の元選手も、サッカー現役引退後の転落

元なでしこ、受け子で逮捕…8人を強姦・強姦未遂で懲役30年の元選手も、サッカー現役引退後の転落

画像はイメージです

 3日までに、振り込め詐欺の「受け子役」をしたとしてサッカー元U―19女子日本代表の会社員・井口祥容疑者が逮捕された。

 井口容疑者は高校3年時には女子サッカー部の主将を務め、U―19日本代表に選出されるなど将来を嘱望され、プロ入りを果たしたが、残念ながらプロ入り後は怪我もありほとんど公式戦に出場することのないまま、たった4シーズンで現役生活を終えていた。

 井口容疑者は22歳で現役引退後、ガールズバーで働いていたが、1年ほどで退職。その後も店に「100万円貸してほしい」と相談していたということもあり、今回の犯罪はお金に困った上での犯行ともされている。

 井口容疑者に限らず、プロサッカー選手が引退後に犯罪に手を染めてしまうケースはいくつかある。

 元Jリーガーで、J2の水戸ホーリーホックでプレーした経験を持つ神村奨は、2013年にFC町田ゼルビアでのプレーを最後に3年間のプロ生活を終え現役引退。その後はアマチュアクラブでプレーしながら埼玉県蕨市の団体職員として勤務していたが、2015年4月30日に住居侵入と強姦致傷の疑いで逮捕された。

 犯行内容は、無施錠の一人暮らしの女性宅に侵入し、刃物をつきつけ、粘着テープで手首を縛り、乱暴する様子を撮影するという極めて悪質なものだった。神村はその後、次々と余罪が発覚。女性8人への強姦、強姦未遂の罪で2016年に懲役30年の判決を受けている。

 2016年には、北海道コンサドーレ札幌の元選手で当時会社員だった斉川雄介が大麻を栽培した容疑で逮捕されている。斉川は2004年に札幌入団後、在籍1年で学業優先を理由に退団していた。斉川は退団直後の2006年にも振り込め詐欺に手を染めたとして逮捕されている。

 2015年には、ベルマーレ平塚の元選手であり、当時板金工の中村貴昭が建築現場から電動のこぎりを盗んだ容疑で逮捕されている。中村は1993年間から3年間ベルマーレに所属していたがプロでの出場記録はなかった。

 Jリーガーの2019年の平均年俸は3500万円と言われているが、それは年俸32億円のヴィッセル神戸・イニエスタや年俸8億円のサガン鳥栖・フェルナンドトーレスが平均値を上げているだけで、下は年俸200万円台という選手も少なくない。引退後も「元Jリーガー」の肩書を武器にしようにも、日本代表への選出や、個人タイトルの獲得歴を持たない限りサッカー関係の仕事に携わっていくのはなかなか難しいのが実情だ。

 アスリートが華やかな舞台で活躍できる年数は限られている、選手は現役時代から次のステージを見据えてキャリアプランを形成しなければ、厳しい現実が待っているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)