モウリーニョ新体制は白星発進! トッテナム、ウェストハムに競り勝ち6試合ぶり勝利

モウリーニョ新体制は白星発進! トッテナム、ウェストハムに競り勝ち6試合ぶり勝利

ウェストハム戦で得点を挙げたルーカス(左)とソン(右) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第13節が23日に行われ、ウェストハムとトッテナムが対戦した。

 トッテナムは前節終了時点で3勝5分4敗の14位。19日にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督を解任し、20日にジョゼ・モウリーニョ新監督の就任を発表。同監督にとって、新クラブでの初陣となった。

 36分、アウェイのトッテナムが先制する。デレ・アリがハリー・ウィンクスからの縦パスを受け、スペースへ走り込んだソン・フンミンにスルーパス。ソンはフェイントで相手DFを剥がすと、左足を振り抜きネットを揺らした。

 続く43分、トッテナムが追加点を獲得する。サイドへ流れてパスを受けたデレ・アリは、バランスを崩しながらもタッチライン上で粘ってボールをソンに託す。ソンがエリア横まで運んでクロスを上げると、最後はルーカス・モウラが押し込んだ。

 トッテナムは後半開始早々にも追加点。49分、右サイドのセルジュ・オーリエからのクロスをハリー・ケインが頭で合わせて、強烈なヘディング弾をゴールに叩き込んだ。

73分、ウェストハムが1点を返す。マーク・ノーブルのラストパスを受け取ったマイケル・アントニオが、体勢を崩しながらもフィニッシュし、強烈なシュートをゴール右下隅に突き刺した。

 89分、ウェストハムは右サイドからのコーナーキックをセバスティアン・ハラーが頭でボールのコースを変え、デクラン・ライスが押し込みネットを揺らしたが、VAR(ビデオ判定)によってゴールは認められなかった。

 後半アディショナルタイム6分、ウェストハムは1点を返す。左サイドからのコーナーキックをアンジェロ・オグボンナが左足で合わせてゴール左下隅へと流し込んだ。

 ウェストハムの追撃は及ばず試合はこのまま終了。モウリーニョ新体制のトッテナムが白星発進に成功し、プレミアリーグ第7節サウサンプトン戦以来となる勝利を飾った。次節、ウェストハムはアウェイでチェルシーと、トッテナムはアウェイでボーンマスと対戦する。

【スコア】
ウェストハム 2−3 トッテナム

【得点者】
0−1 36分 ソン・フンミン(トッテナム)
0−2 43分 ルーカス・モウラ(トッテナム)
0−3 49分 ハリー・ケイン(トッテナム)
1−3 73分 アントニオ(ウェストハム)
2−3 90+6分 アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム)

関連記事(外部サイト)