モウリーニョ監督、エメリ解任を受け持論を展開「我々は時代に順応しなければ」

モウリーニョ監督、エメリ解任を受け持論を展開「我々は時代に順応しなければ」

トッテナムのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグの同じチームで監督を続けることの難しさを語っている。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 29日、アーセナルのウナイ・エメリ監督が解任されたことを受け、モウリーニョは現代についての持論を展開。“ガナーズ”の前監督であり同チームを23年間率いたアーセン・ヴェンゲル氏を引き合いに出しながら、以下のように語っている。

「同じクラブで20年監督を続けること?それはもう不可能だ。ヴェンゲルが最後だったと思うよ。生活や技術、ソーシャルメディアなど、現代の全てが影響しているからね」

「コミュニケーションのかたちが変わり、人々のメンタリティが変化している。より速く、より広く誰かと繋がるため、疲弊しやすくなっている。この影響はサッカーだけに限った話ではないだろう」

「我々は時代に順応しなければならない。今はサッカーの結果だけでなく、クラブでの全ての言動に責任を持つ必要があるんだ。とはいえ、私は毎日ベストを尽くすことしか考えていないよ。それが最善だと思うからね」

関連記事(外部サイト)