なでしこDF熊谷、AFC最優秀選手を初受賞! 高倉監督は7度目の最優秀監督賞

なでしこジャパン熊谷紗希、AFC最優秀選手を初受賞 高倉麻子監督3年連続7度目の受賞

記事まとめ

  • アジアサッカー連盟(AFC)の年間表彰式「AFC ANNUAL AWARDS 2019」が香港で行われた
  • なでしこジャパンの高倉麻子監督が年間最優秀監督賞に選ばれ、3年連続7度目の受賞
  • 最優秀選手賞の女子部門でなでしこジャパンの主将を務めるDF熊谷紗希(リヨン)が初受賞

なでしこDF熊谷、AFC最優秀選手を初受賞! 高倉監督は7度目の最優秀監督賞

なでしこDF熊谷、AFC最優秀選手を初受賞! 高倉監督は7度目の最優秀監督賞

なでしこジャパンの主将・熊谷がAFC年間最優秀選手賞を受賞した [写真]=Getty Images

 アジアサッカー連盟(AFC)の年間表彰式「AFC ANNUAL AWARDS 2019」が2日、香港で行われ各受賞者が発表された。

 年間最優秀監督賞には、女子部門でなでしこジャパンの高倉麻子監督が選出され、3年連続7度目の受賞となった。男子部門では浦和レッズの大槻毅監督と鹿島アントラーズの大岩剛監督がノミネートされていたが、U−20世代の韓国代表を率いるチョン・ジョンヨン監督が選出された。

 最優秀選手賞では、女子部門でなでしこジャパンの主将を務めるDF熊谷紗希(リヨン)が初受賞。男子部門ではアル・サードのカタール代表MFアクラム・アフィフが選出され、ノミネートされていたDF槙野智章(浦和レッズ)は受賞を逃すかたちとなった。また、AFC外でプレーする選手に贈られる年間最優秀国際選手賞には、トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが選出され、元日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)の2年連続での受賞とはならなかった。

 その他には、日テレ・ベレーザに所属するFW遠藤純が女子最優秀ユース選手を、またフットサル日本代表の吉川智貴(名古屋オーシャンズ)がフットサル最優秀選手を、それぞれ初めて受賞した。

関連記事(外部サイト)