東京V、FW大久保の完全移籍加入を発表「1日1日の練習から大切に」

FW大久保嘉人、東京ヴェルディに完全移籍 「J1昇格することがまずは絶対」

記事まとめ

  • 東京ヴェルディは8日、ジュビロ磐田からFW大久保嘉人を完全移籍で獲得したことを発表
  • 大久保はセレッソ大阪、ヴィッセル神戸、FC東京など数多くのクラブに在籍してきた
  • 大久保は東京Vの公式HPで「J1昇格することがまずは絶対だと思っています」とコメント

東京V、FW大久保の完全移籍加入を発表「1日1日の練習から大切に」

東京V、FW大久保の完全移籍加入を発表「1日1日の練習から大切に」

磐田から東京Vに加入する大久保 [写真]=Getty Images

 東京ヴェルディは8日、ジュビロ磐田から元日本代表FW大久保嘉人を完全移籍で獲得したことを発表した。

 大久保は1982年生まれの37歳。2001年、国見高校からセレッソ大阪に加入すると、2004年11月にはマジョルカへの期限付き移籍が決定し、スペインに渡った。以降はヴィッセル神戸やヴォルフスブルク(ドイツ)、川崎フロンターレ、FC東京、磐田など数多くのクラブに在籍してきた。

 加入に際し、大久保は東京Vの公式HPで以下の通りコメントを発表している。

「プロ20年目という節目の年を、東京ヴェルディという歴史と伝統のあるクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。小さい頃、誰もが憧れたヴェルディは、憎らしいほど強くて、サッカー少年だった自分の心をいつもワクワクさせてくれました。そんなヴェルディを復活させるためには、J1昇格することがまずは絶対だと思っています。そのためには試合はもちろん、1日1日の練習から大切に、日々全力で頑張りたいと思います。東京にオリンピックがやってくる2020年。オリンピックだけでなく、ヴェルディのサッカーで、ファン・サポーター、そして子供たちをワクワクさせたいです。応援よろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)