ゼロックス杯を逃した横浜FM扇原が悔しさを吐露…「もったいないことをしてしまった」

ゼロックス杯を逃した横浜FM扇原が悔しさを吐露…「もったいないことをしてしまった」

キャプテンマークを巻いてチームを牽引した扇原 [写真]=兼子愼一郎

 2020シーズン最初のタイトルマッチであるFUJI XEROX SUPER CUP 2020が8日に埼玉スタジアム2002で行われ、天皇杯覇者のヴィッセル神戸と2019シーズンJ1リーグ王者の横浜F・マリノスが激突。3−3でPK戦の末にヴィッセル神戸が試合を制した。

 横浜F・マリノスの扇原貴宏は「前半思い通りにできなかったことにふがいなさを感じる」と語り以下のように試合を振り返った。

「後半の手ごたえよりも、前半できなかった悔しさが勝ります。やっぱり45分間ああいうもったいないことをしてしまうと、あとで苦しくなるのは自分たちなので。もったいなかったなと思います」

 横浜F・マリノスはこの試合、浦和レッズから加入したオナイウ阿道など新戦力を起用。しかし、周囲との連携には課題を残す内容となった。扇原はそのことについて問われると、「新戦力が入ったことでナーバスになったということはない」と語り、以下のようにコメントした。

「シーズンの初戦ということで、ピッチ内でうまく修正できなかったのは自分たち全員の甘さだと思います。後半になってからできるようになるのではなくて、前半の途中からしっかりとピッチ内で修正できるようにできれば、勝てた相手だと思うし、勝てた内容だったと思います。後半もチャンスはいっぱいあったので、PK戦まで持っていった自分たちが悪いと思います」

 また、扇原は今シーズン戦うAFCチャンピオンズリーグへのこだわりにも言及。以下のように意気込みを語った。

「ACLは自分たちにとって今年から始まる大会。アジアで1位になれたらマリノスにとっても大きなことです。アジアの頂点はみんなで目指しているところなので、そこに向かって努力するだけかなと思います」

関連記事(外部サイト)