松本退団のDF今井智基がオーストラリアへ移籍…現地クラブが加入を発表

松本退団のDF今井智基がオーストラリアへ移籍…現地クラブが加入を発表

ウェスタン・ユナイテッド加入が決まった今井智基 [写真]=Getty Images

 Aリーグ(オーストラリア1部リーグ)のウェスタン・ユナイテッドは11日、DF今井智基を獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了時までと発表されている。

 今井は1990年11月29日生まれの現在29歳。大宮アルディージャユース、中央大学を経て2013年に大宮へ加入した。初年度から主力として活躍し、J1リーグで23試合に出場し1得点を記録した。2015年夏に柏レイソルへ移籍。柏では定位置の確保に苦しみ、2018年夏から松本山雅FCでプレーしていた。

 2018シーズンの明治安田生命J2リーグでは7試合に出場。昨シーズンの明治安田生命J1リーグでは18試合に出場した。今井と松本は1月31日に双方合意の上で契約解除に至っており、海外クラブへの移籍を模索していた。

 移籍に際し、今井はウェスタン・ユナイテッドのクラブ公式HPで「ウェスタン・ユナイテッドのような野心的なクラブに加入することができて、非常に嬉しく思います。オーストラリアでのキャリアをスタートさせるチャンスを与えてくれたマーク・ルダン監督に感謝の言葉を伝えたいです。日々ハードワークし、クラブの力になれるように頑張ります」と意気込みを語っている。

関連記事(外部サイト)