チェルシー指揮官がプリシッチの戦列復帰を喜ぶ「恋しく思っていた」

チェルシー指揮官がプリシッチの戦列復帰を喜ぶ「恋しく思っていた」

プリシッチ(左)の復帰を喜ぶ、チェルシーのランパード監督(右) [写真]=Getty Images

 17日に行われるマンチェスター・U戦を前にして、チェルシーのフランク・ランパード監督が負傷者の復帰について言及した。14日に、イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 現在、チェルシーはプレミアリーグで4位につけている。対戦を控えるマンチェスター・Uが調子を落として8位に甘んじているとはいえ、少しでも上の順位を目指すためにも負けることができない一戦だ。

 チェルシーの直近の試合は、2月1日の第25節レスター戦。2週間以上の準備期間の間には、負傷離脱していた複数の選手たちに戦列復帰の目途が立った。なかでも、ランパード監督が復帰を熱望していたのは、今シーズンからチームに加わったアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチだった。

「レスター戦には(クリスティアン・)プリシッチを連れて行きたかったんだ。負傷は大分回復していたんだけど、結局は起用を回避することになった」

「試合がない期間が、良いタイミングでやってきたかもしれないね。もちろん、欠場している間はプリシッチのことを恋しく思ったものだよ。彼は質の高い選手だし、離脱前には本当に良いフィーリングを持っていたからね」

 プリシッチの戦列復帰は、ランパード監督に多くの選択肢をもたらすことだろう。

関連記事(外部サイト)