ヴィラGKレイナ、約5年半ぶりのプレミアリーグに言及「素晴らしい雰囲気だね」

ヴィラGKレイナ、約5年半ぶりのプレミアリーグに言及「素晴らしい雰囲気だね」

アストン・ヴィラに所属するレイナ [写真]=Getty Images

 アストン・ヴィラに所属する元スペイン代表GKペペ・レイナが、プレミアリーグについて語った。16日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 先月にミランからアストン・ヴィラへ期限付き移籍を果たしたレイナは、2005年から2014年に在籍したリヴァプール時代以来、約5年半ぶりにプレミアリーグの舞台へと戻ってきた。ここまですでにリーグ戦3試合に出場している同選手は、久しぶりとなったイングランドについて以下のように語っている。

「昔と変わったところ?正直、あまり変わっていないように感じられるよ。相変わらず、常に激しいプレーで満ちているんだ。他の国とは全然違うよ」

「また、多くのスタジアムが満員の状態で、素晴らしい雰囲気を作ってくれている。幸運なことに出場機会を得ることができているから、今シーズンの残りの試合を戦うのも非常に楽しみだよ。私が経験したことのない、さらなる興奮を期待しているんだ」

 レイナの期限付き移籍は今シーズン終了時点までだが、果たして今後どのような活躍を見せるのだろうか。

関連記事(外部サイト)