PSG対ドルトムントの大一番は無観客試合となることが決定…パリ警視庁が発表

PSG対ドルトムントの大一番は無観客試合となることが決定…パリ警視庁が発表

PSG対ドルトムントは無観客試合となった [写真]=Getty Images

 3月11日開催予定の、チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦セカンドレグのパリ・サンジェルマン(PSG)対ドルトムントが、新型コロナウイルスの影響で無観客試合となることが発表された。9日、フランス紙『レキップ』が報じている。

 パリ警視庁は9日、現在フランスにも大きく広がりつつある新型コロナウイルスの影響を受けて、PSG対ドルトムントの一戦を無観客で開催することを発表した。ファーストレグではドルトムントがホームで2−1と勝利を収めており、この試合での勝利が必須となるPSGだが、ファンの後押しを受けることができないという大きなハンディキャップを背負うこととなってしまった。

 現在ヨーロッパ各国に広がる新型コロナウイルスだが、フランスでは8日の政府発表時点で1126人が感染しており、死亡者は19人を数えている。感染者が1000人を超えたのはヨーロッパでイタリアに次いで2か国目で、今後の国内リーグ戦などにも大きく影響を及ぼすものとみられている。

関連記事(外部サイト)