マンU、若手MFタヒス・チョンと契約延長「このクラブでプレー出来て光栄」

マンU、若手MFタヒス・チョンと契約延長「このクラブでプレー出来て光栄」

契約を延長したチョン [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、U−21オランダ代表MFタヒス・チョンがクラブとの契約延長にサインしたことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。なお、契約期間は2022年6月まで、さらに1年の契約延長オプションが付いている。

 年代別のオランダ代表を経験しているチョンは、2016年にマンチェスター・Uのアカデミーに加わり、2019年1月にプロデビュー。ファーストチームでは14試合に出場している。

 契約延長に際しチョンは次のように語り、喜びをあらわにしつつ感謝している。

「マンチェスター・Uに加わった瞬間、自分の夢が叶った。ユニフォームを着るたびに、このクラブの代表としてプレーできることを光栄に思うんだ。レベルアップのために毎日努力している。この環境は、自分をレベルアップするために完璧なものだと思っている」

「監督やコーチングスタッフ、そして周りのワールドクラスの選手から学べるのは素晴らしいことだよ。新契約を結ぶことができて嬉しい。これから何年もここで自分の力を証明できる機会を与えてもらったことに感謝している」

 また、ファーストチームを率いるオーレ・グンナ―・スールシャール監督は公式サイトに、コメントを残している。

「タヒスは日々大変な努力をしている選手で、順調に成長している。U−23でもファーストチームでも今シーズン彼がみせているパフォーマンスは、彼のハードワーク、献身性、メンタルがなせる素晴らしいものだ。アカデミー出身の彼の進捗は、とても嬉しく思っている。彼の才能を、これからも伸ばしていきたいね。年齢を鑑みて、タヒスは素晴らしいポテンシャルを持っている。そして練習には懸命に取り組む。マンチェスター・Uでの彼のキャリアは安心できるね」

関連記事(外部サイト)