骨折中のトレイラ、10週間程度の離脱で今季絶望…今夏開幕のコパ・アメリカにも暗雲

骨折中のトレイラ、10週間程度の離脱で今季絶望…今夏開幕のコパ・アメリカにも暗雲

診断結果が発表されたトレイラ [写真]=Getty Images

 アーセナルは9日、クラブ公式サイトでウルグアイ代表MFルーカス・トレイラに関するメディカルレポートを発表した。

 今シーズン公式戦33試合に出場しているトレイラは2日に行われたFAカップ5回戦・ポーツマス戦に先発出場。2−0で勝利し次戦に駒を進めた一方で、トレイラは前半15分に交代でピッチを後にしていた。

 当初は軽傷と伝えられていたが、足首の骨折が判明。今回同クラブはトレイラに関して詳細を発表。今後追って評価が下されるようだが、8から10週間の離脱が予想されると報告した。

トレイラは、今シーズン絶望と見られており、6月に開幕するコパ・アメリカ2020の出場にも暗雲が立ち込めている。

関連記事(外部サイト)