セリエA、4チームによる優勝プレーオフを開催か…FIGC会長がプラン明かす

セリエA、4チームによる優勝プレーオフを開催か…FIGC会長がプラン明かす

FIGCは上位4チームによる優勝プレーオフを計画している [写真]=Getty Images

 イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィナ会長が、今後のリーグ運営についてコメントした。10日、イタリアメディア『Football Italia』が伝えた。

 イタリア政府は9日、被害が拡大する新型コロナウイルスへの対策措置としてセリエAを含む全てのスポーツイベントを少なくとも4月3日まで中止すると発表した。発表を受け、グラヴィナ会長は次のようにコメント。今後の見通しが立たない中で残りのリーグ戦を消化することは難しいことを認め、特例でプレーオフによって優勝チームを決める可能性があることを明かした。

「私たちはシーズンが予定通り終わることを望んでいる。なぜなら4月3日から再開されることになれば、延期分の試合を消化するための期間が必要になるからだ」

「私はスポーツ競争の観点を尊重するために、プレーオフとプレーアウトの案について発表することを考えている。上位4チームによるプレーオフで優勝を決めることと下位4チームによるプレーアウトで降格チームを決めることを含むものだ。その後、FIGCがUEFA(欧州サッカー連盟)に来季のチャンピオンズリーグに参加するチームを示すことになる」

 現在の順位表に従う場合、優勝プレーオフはユヴェントス、ラツィオ、インテル、アタランタの4チームで、降格プレーアウトはジェノア、レッチェ、SPAL、ブレシアの4チームでそれぞれ争われることになる。

 また、『Football Italia』によると、今季は優勝チーム不在でシーズンを終える案や、各クラブの消化試合数が揃っていない現在の順位表のままシーズン終了とする案も検討されているようだ。

関連記事(外部サイト)