選手の新型コロナ感染を受け…ブンデスリーガ、1部と2部の完全中止も検討

選手の新型コロナ感染を受け…ブンデスリーガ、1部と2部の完全中止も検討

ブンデスリーガはシーズンの中止も検討しているようだ [写真]=Getty Images

 ハノーファーに所属するドイツ人DFティモ・ヒューヴァーズが新型コロナウイルスに感染したことを受け、ドイツサッカー連盟(DFB)は今季ブンデスリーガの中断を検討しているようだ。11日、スペイン紙『アス』がドイツ紙『ビルト』を引用して報じた。

 報道によると、DFBはブンデスリーガの1部と2部の全36クラブの代表者を集めて、来週の初めに話し合いの場を設ける模様。今季の残りの全試合の延期について話し合い、必要な場合は完全に中止することも検討されるという。なお、3月13〜16日に行われる第26節については、予定通り複数試合が無観客で開催されるようだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、各国のリーグ運営に支障をきたしている。イタリアでは首相の指示により、4月3日までセリエAを含む全ての国内のスポーツイベントが中止に。スペインでは今後2週間の1部と2部の全試合を無観客で行い、プレミアリーグも複数選手が感染者と濃厚接触したため、11日に行われる予定だったマンチェスター・C対アーセナル戦が延期となった。

関連記事(外部サイト)